どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


リフォーム前の家具移動、どこに頼むか? 意外なところが安かった



リフォームに向けて、着々と準備中である。

>>>>やっと決まった!定年後の家のリフォーム、さて予算はいくらまで?

 

昨日は家具の移動をした。

 我が家には子供が3人。

ということで、子供部屋も3室ある。

この一つをウォークインクローゼットとして使うこととした。

そのために、家具の移動が必要である。

 

今、色々な部屋に分散しているタンスやクローゼットを一つの部屋へ移動する。

そのためには人手が必要である。

私が元気であれば、息子と頑張れるのだが・・

残念ながら、手術で胸の筋肉を切り取ったので、力仕事ができなくなった。

そのために、業者に家具移動を頼まなくてはいけなくなった。

 

調べてみると、引越し屋さんがこの手のサービスをしている。

もう一つの方法は、家具屋さんに頼む方法。

かつて、クローゼットを買った時に、ついでにタンスを移動してもらった記憶がある。

今回も、ベットを購入している。

その搬入の際に頼むこともできるが、それはリフォームが終わった後。

時期的に遅すぎる。

 

シルバー人材センター

悩んでいて、ふと思い出した。

この前、剪定を頼んだシルバー人材センターである。

>>>>さすがプロの技! 木の剪定の方法を植木屋さんに教えてもらった

 

さっそく電話をかけてみた。

要望を伝えると、できるという。

ただ、いつになるかは分からない。

人をとりあえず探してみるという。

 

料金を聞いた。

一人一時間あたり1100円頂くという。

タンスを移動するには二人必要なので、2200円という。

あのぅ・・安すぎるのですが・・

申し訳なさすぎて頼みづらい。

 

その時、条件として、シルバーですので、階の移動は堪えてほしいという。

当然のことである。

我が家の家具の移動も二階内で終わる。

その条件で頼んでいた。

そして、数日後、電話があった。

予約完了である。

 

さて、作業内容であるが・・

和ダンスとクローゼット、そして、小さなタンスを運んでもらう。

和ダンスは分解しないといけなかった。

素人では手に負える仕組みではない。

隠しネジが見つかるまで大変であった。

この手の作業は経験があるようで、色々探していてやっと見つけた。

見つかった後は、和ダンスを二つに分解して動かしてすことができた。

 

クローゼットは、中の服を除けると軽くなる。

これも、二人で運んでくれた。

 

移動した後の簡単な掃除もしてくれた。

使わなくなったパソコンデスクも分解してくれた。

そして、一階のテラスまで搬出。

実質、二時間ほどの作業であったが、三時間分働いたということにしてもらった。

それでも、我が家の出費は6600円。

 

二時間という作業ではあまりにも手間賃が安すぎる。

せめて気持ちだけでも受け取ってもらいたい。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします

 

www.futen.xyz