どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


2019年の年賀状は無料サイトで1時間で完成



あまり教えたくないのですが・・

年賀状でそろそろ悩んでいる人も多そうなので・・

お教えします。

 

来年の年賀状は、こんな感じで作りましょう

 

では、今日の作業の流れを・・

 

年賀状を作った。

こんなに早く作ったのは初めてである。

 

遅い時は、正月、我が家で開いている宴会の時に、バックグラウンドでプリンターが動いてたりする。

 

そんな私なのに、今年はなぜ・・

 

Canva

それは、Canvaというサイトを知ったから

 

1. 新規登録します。

 

メールアドレスが必要です。

gmailなどの無料メールでできます。

 

2. ログインします。

 

3. カードを選びます。

 ハガキサイズのレイアウトになります。

他のが良くても、後が面倒になるので、こちらを選んでね。

 

f:id:fabifuten:20181128183656j:plain

 

4.レイアウトを選択します。

色々なカードレイアウトがあります。

年賀状でなくても、後から文字を入れ変えれますので、好きなデザインを選びましょう。 

f:id:fabifuten:20181212172024j:plain



 

5. 無料写真が用意されています。

写真を挿入します。

文字だけの人はスルーしてください・

レイアウトによって、写真が入るところが決まっています。

にくいところは、カラーやモノクロ指定にしてあって、自動で色指定が変わります。

 

たくさんあるので、目移りします。

いいものは有料のものもありますので、予算に応じてどうぞ。

ちなみに私は自前のものを使いました。

 

f:id:fabifuten:20181212172047j:plain



 

6. 文字も変更、追加できます。

各デザインのテキストのところを選択すると、文字入力になります。

フォントもたくさんの種類が用意されています。

凝りだすと、なかなか前に進めません。

 

f:id:fabifuten:20181212172106j:plain



 

7. 背景を変更してみました

お好みの色にどうぞ・・ 

 

f:id:fabifuten:20181212172120j:plain
 

右上のボタンでも配置の順番を変更できます。

 

f:id:fabifuten:20181212101908p:plain

 

透明度もスライドばーで設定できます。

 

f:id:fabifuten:20181212101920p:plain



 

8 .自分の写真もアップロードして、使えます。

 先ほどの写真挿入の時、自分の写真をアップロードしていると、そこに写真を入れれます。

私はこの機能で頑張りました。

 

f:id:fabifuten:20181212172455j:plain



9. 出来上がると、ダウンロードします。

 

f:id:fabifuten:20181212172519j:plain

 

印刷のことを考えると、PDFがいいかと・・

 

10. 後は、パソコン上でプリントアウトするだけ・・

 

さて、出来上がった私の年賀状は・・

 

内緒です。

 

正月にこのブログにアップします。

 

いつも年賀状を送っているひとところへも同じものが届きます。

お楽しみに・・

 

作業時間は1時間もかかりません。

 

これも今まででいちばんの最短の時間でした。

しかし、出来栄えは気に入っています。

 

年賀状作成でお悩みの方、ぜひ使ってみてください。

お役に立てれば幸いです。

 

少なくても・・

二日酔いで作った・・

数年前の年賀状よりはよかった。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします。