どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

お盆が終わって思うこと・・インターネットで墓参りなんて、なんなのさ・・


お施餓鬼が終わった。

送り火も終わった。

お盆が終わり、ちょっと気が抜けた感じ。

ご先祖様が帰ってしまい、なんか寂しくなったような・・

姿は見えなくても、ご先祖様に囲まれて過ごすお盆。

なんとなく幸せな時間が終わった。

 

昨日テレビでインターネットで墓参りの話題が取り上げられていた。

多分、そんな発想をする人には、こんな幸せな時間を過ごせないだろう。

突然、自分がこの世に現れた訳ではない。

たくさんのご先祖様がバトンリレーのように命を繋いでくれたおかげで今の自分がある。

そのことに感謝する時がお盆の時期。

 

墓参りをインターネットでするのが悪いのではない。

墓参りをいい加減に考えるのがどうも私には納得できない。

必ずお盆に墓参りに行くのは難しいと思う。

私も闘病中は行くことができなかった。

でも、行きたいという気持ちはあった。

その気持ちが大事なのでは・・

行きたくないからインターネットで済ます。

それが少し悲しく思えた昨日であった。

 

世の中、なんでもインターネットという風潮がある。

しかし、インターネットはあくまでも情報伝達手段の一つである。

誰かが情報を発信するから、誰かがそれを受け取ることができる。

みんなが情報を受け取る側になったら、なんの面白さもない世界である。

人間がいるからこそ、楽しいネットの世界。

 

朝早くから、クソ難しい話で申し訳ない。

これもお盆のなせる技か・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

今日もクリックありがとうございます。