どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


点滴治療でアレルギー反応がでてしまった


久しぶりの爽やかな朝である。

体も軽い。

何日ぶりだろうか、夜に熱が出なかった。

当然、目覚めも良い。

体調が悪い時は起きても、好きなカフェラテを飲もうという気になれなかった。

今朝は、美味しくいただけている。

 

昨夜、ちょっとした事件があった。

点滴を始めるとすぐに、口の中から始まり、耳の中、手先と痒みが広がった。

胸にもブツブツが出来ている。

背中もかゆい。

入院してから風呂に入っていないので、そのためかと考えたが、口の中の痒みは関係ない。

 

これは変だと、すぐナースコールを押した。

わたしの様子を見て、即座に点滴を中止、すぐに主治医に電話連絡をした。

主治医からの指示は、点滴は中止となった。

 

どうもアレルギー反応を起こした模様である。

最近、点滴の本数が減ったのに、点滴の後、体がだるかった。

点滴疲れしている感じであった。

 

点滴しなかったので心配していたが、問題なく一夜を明かすことができた。

そして今、いつも以上に快適な朝を迎えている。

とにかく体が軽い。

久々の健康的な体に戻ったという感じである。

 

今回の入院、一番元気だったのが入院時。

治療を進めるにつれて体力がなくなっていった。

歩くスピードもだんだん遅くなり、昨日など、かなりヨボヨボの爺さんにまで追い越されてしまった。

どうしたものかと心配していたのだが・・

 

点滴が原因だったのかもしれない。

 

炎症反応が高くなっているのも、ひょっとして点滴のせい・・

まぁ、いろいろ考えられるが、わたし的にはこのまま点滴治療終わらせてくれた方が体には楽でいい。

 

何しろ、こんなに美味しいカフェラテが飲めるのだから・・

病人がいうのはおかしいが、ほんと健康な生活っていいですね。

 

今日はこれからCTの検査がある。

入院時にして以来、体がどう変わっているか。

前回は胸だけだったが、今回は腹までCTを撮るという。

それで何かわかればいいのだが・・

いや、本音はわからなくていい。

熱の原因が点滴の副作用ということでことを済ませてくれるのがわたしにとって一番の幸せな結果である。

 

しかし、主治医にとっては最悪の結果。

なかなかそうはいかないだろう。

 

朝食の後、主治医がベットまでやってくるという。

まだ、点滴を続けるのだろうか。

そこで、これからの治療方針が決まる。

 

いつもは入院中でも、元気な時は朝食前にブログの更新ができていた。

今回の入院はそこまでの気力が湧かなかった。

 

今日、朝飯前に更新してみようと思っただけでも、元気になった証拠である。

うん、これは確実に退院への一歩である。

もう少しだけ頑張ろう。

春は近いぞ・・

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします