どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


病は気から・・昔の人はよく言ったものだ


何かスッキリしない朝である。

天気でいえば、曇り空。

どんよりした気分の朝である。

 

熱があるわけでもない。

咳が出るわけでもない。

まして、呼吸が苦しいというわけでもない。

なんとなく気分が暗い感じである。

 

昨日、わたしの病名がわかった。

肺炎である。

入院して、10日後、判明した。

遅すぎやしないか・・

今までどうして分からなかったのだろう。

ということは、今まで治療はなんだったんだろう。

いろいろ疑問が湧いてくる。

これも、また、スッキリしない原因でもある。

 

今までの経過は土曜日にまとめて説明するという。

なんか、問題を先送りさせられている感じである。

どうも不安ばかり増やしてくれる主治医である。

 

さらに、肺炎とわかったのに、今日、家に外出したいと言うと、どうぞどうぞという。

肺炎の患者を家に帰していいものだろうか。

確かに、症状的には熱は下がっている。

咳も減った。

気分的なものを除けば、病気はよくなっている感じである。

 

しかし、その気分が問題である。

スッキリ晴れないのである。

 

肺炎という病名を聞くまでは、気分的にも元気だった。

しかし、肺炎ですよと言われると、一気に病人気分になってしまった。

病は気から・・確かにその通りだ。

 

昨夜も、なんとなく息苦しく感じて寝つきが悪かった。

同室者が一人増え、満員御礼になったので、空気が薄くなったのかもしれない。

 

新しく入った患者は若く、手術前なので元気である。

見かけは全く健常者である。

動きもテキパキ動いている。

まぁ、それが本来の人間の姿なのだろうが、病院内では異質である。

今朝も、元気に色々動き回っている。

 

さて、気分転換も兼ねて、とりあえず家に帰ってみることにしようか。

普通の世界を眺めてみることとしよう。

 

この前、家に帰った後、熱が出た。

この点だけは気をつけないといけない。

家の中はまだリフォーム後の埃が残っているかもしれない。

昨日、カミさんが新しい空気清浄機を頼んだと言う。

これで、我が家は二台体制で家の中の空気を綺麗にする。

 

さらに、スチームモップを買って、床掃除を徹底したとも言う。

前に比べ、家の中の空気はよくなっているはずである。

 

それにしても、思い出すたびに腹の立つリフォーム業者。

きちんと掃除などの後片付けをしてくれていれば、こんな苦労をしなくても済んだかもしれない。

ましてや、肺炎にもならなかったかもしれない。

これって訴えることできないのだろうか。

後から考えれば考えるほど、腹がたつ。

 

関連記事>>>>リフォーム後の埃で呼吸困難・・入院しました

 

それがわかっているのか、リフォーム代の請求が業者からこない。

取りに来たら、いろいろ言いたいことが山盛りにあるのだが・・

 

いろいろ、もやもやすることが多い。

天気だけでも晴れてほしいな・・

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします