どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


こもり熱ってご存知ですか



長い夜だった。

点滴が終わり、普通に眠りについた。

すると、夜中、体がだるい。

そのためか嫌な夢を見て、目が覚めた。

 

今の私の身体は変だ。

1日2回熱が出る。

38度近くまで上がる。

高熱ではないが、結構体にこたえる。

 

だいたい出る時間が決まっていて、夕方と夜中である。

そして、しばらくすると下がる。

熱が上がるときは結構辛い。

体がだるくなるので、熱が上がってきているのがわかる。

 

昨日の夜中も熱が出た。

普通熱が出るとは寒気がするものだが、それがない。

まるで風呂に入っているように体がポカポカする。

そのことを昨夜、看護師さんに話して見た。

 

すると、興味深い話が戻ってきた。

こもり熱というのがあるという。

文字通り体に熱がこもるという意味である。

 

そう言われてみると、布団に入っていると、暑くなって寝覚める。

そうすると、熱が出ている。

しばらく布団から出ていると少しずつ体温が下がってくる。

そして、数時間ほどすると、平熱くらいまで下がる。

変な感じである。

 

病院内は設定温度が高い。

看護師さんも医者も半袖姿で働いている。

私も昼間は半袖シャツで過ごしている。

たまに、寒い時はフリースのジャケットを着るくらいである。

 

その気温の中で、冬布団で寝るのだから、当然熱もこもる。

夜は少し温度が下がるが、時間帯によっては暑い時もある。

 

病気の重い時は、この暖かい気温が助かる。

呼吸器系の病気の私にとっても、冬の寒さを感じない病院内は快適である。

ただ、布団の中に入って寝る時はちょっと困る。

どうせ気温設定を高くしているのであれば、夏と同じように薄い布団でもいいのでは・・

肩も凝らないし・・

病院の布団、ちょっと重たいのですが・・

 

さて、悩みの熱の原因。

今日も主治医が病室までやってきた。

理由がよくわからないという。

レントゲンを見ても問題ない。

ただ、血液検査をすると炎症反応が高いという。

これが下がらないと、退院してもまた毎度ってくるかも・・

そんな心配をしているようである。

 

熱がない時は、私も至って元気である。

退院する気満々である。

ただ、ぽっと出てくる熱が気になる。

原因が分かれば、それなりにスッキリするのだが・・

やっぱり、看護師さんがいうようにこもり熱なのだろうか・・

それとも、誰かに呪われているとか・・

いやいや、考えれば考えるほど謎である。

 

まぁ、そんなこと言えるのは熱がないときであって、出るとそれなりに辛い。

今も点滴を続けているが・・

今日もまた熱が出るのだろうか。

 

春が待ち遠しい・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押しお願いします