どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


気管にシリコンの管を入れるって・・どうなるのだろう・・



先日から続いていた熱が平熱に戻った。

しかし、しばらく熱が高かったので、体がだるい。

昨夜など、7時からずっと寝ていた。

途中、点滴で起こされたが、それも夢うつつ・・

いつもは早く点滴が終わらないかとやきもきするのだが、昨夜は寝ているうちに終わった。

 

そんな感じの夜が明けた。

 

朝、今年、初めての主治医との面会。

いきなり、気管入れるシリコンの話になった。

今の私の気管は狭いところだと8mmくらいだという。

私の体格だと、15mmくらいはほしいという。

普通に生活しているには問題ないが、粘着性のタンが絡むと苦しくなる。

そこで、その気管を広げるためのシリコン製の管である。

 

シリコン製以外にも形状合金のものもあるという。

こちらは元気な人には入れないようにとなっているらしい。

どれくらい持つか聞いてみると、一生持つという。

ほんとかいな・・

ちと、不安である。

 

なんか、想像するだけで喉がイガイガしてくる。

とりあえず、もう少し結論をも待ってもらうようにした。

なかなか悩ましい決断。

主治医は入れたくて仕方のない様子。

この手の手術が好きな主治医ですから・・

 

 それにしても、今日の主治医は元気がなかった。

マスクをしているところからすると、風邪でも引いたのかもしれない。

そのためか、あっさりこの話は終わった。

もっと、説得されると思っていたのだが・・

医者も病にかかると元気がなくなるようである。

 

正月休みを取っていたのかと思っていたが、ひょっとしたら病気療養だったのかもしれない。

私の熱に対しても、家に帰って熱が出たのですねという話だけ。

細かな内容の話はなかった。

それにして、今回の熱の理由はなんだったんだろう・・

 

まぁ、正月前からリフォームなどバタバタしていたから、疲れが溜まっていたのかもしれない。

 

とりあえず、治療のための点滴は終わったようである。

また、忘れてました、とやってくるかもしれないが・・

今いる病院、親切な看護師さん多いのだが・・

このうっかりだけが心配である。

 

さて、治療も最終コーナーに入ったようである。

それにしても、今回の入院。

正月なので辛かったが、逆に突然の発熱に対応してもらえたので、考え方変えるとラッキーだったかもしれない。

 

病院が休みの病気は辛い。

世間では、五月の10連休の話が盛り上がっているが、病気持ちとしては憂鬱な10連休である。

私としては、5連休くらいでいいのではと思うのだが・・

どうせ、旅行に行ったとしても、人混みで観光どころじゃないだろう。

政治家も表面上の人気取りでなく、じっくり物事を考えてから決断してほしいものである。

 

バナーは朝日。

夜明けは近いぞ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします。