どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

気管の骨が折れていたとは・いろいろ勉強になった。


世間様は三連休ど真ん中。

そのためか、病院内は静かです。

外泊している人も多いのか、通路の人通りもいつもより少ないようで・・

朝のトイレの混み具合でそれを感じる。

 

さらに、成人式が行われているところもあるとか。

子供達が成人式を迎えたのは数年前。

しかし、ずっと昔のようだ。

時の流れは早い。

 

昨日、今回の入院の経過について、主治医から説明があった。

想像していたとおりの話であった。

要するに、気管に管を入れておかないと、将来大変なこととなることである。

説明を聞いて、納得した。

 

気管が狭くなっている理由は、気管の周りにある軟骨が骨折しているためと言う。

気管の前面には、かまぼこの形をした軟骨があるという。

そして、後ろ側には筋肉がついている。

咳をする時は、この筋肉が収縮することで、中のもの吐き出そうとするらしい。

 

私は胸骨がない。

そのため、何がしらの原因で、前の軟骨が折れたようだ。

そのために気管が狭まってしまい、元に戻らなくなっているという。

 

なるほどである。

 

まぁ、いろんなところに知識がつくものだ。

気管の周りに骨があったとは・・

さすが医者。

いろいろな知識を持っている。

 

そのため、話に説得力がある。

断る理由は見つからない。

しかし、その手術の時期。

いつにしようか、決断がつかない。

情けないというか・・

思っ切りの悪い私である。

 

関連記事>>>>気管にシリコンの管を入れるって・・どうなるのだろう・・ -

 

そんな話を聞いた後、家に帰ってみた。

病院からの外出である。

昨日の話の中で退院の話もあった。

週明けの検査で、経過が良ければ帰れるとのこと。

いよいよ解放してくれるようである。

 

家での生活は快適であった。

ちょっと自信がついたので、病院に帰ってから、明日は病院周辺を歩いてみようかと、看護師さんに話をした。

すると、即座に、それはやめてね。

周りはインフルエンザが蔓延している。

そんな中を歩くなんて・・

とのこと。

 

確かに、そうだ。

なんとも、季節の悪い時期に入院してしまったものだ。

 

ということで、今日は何しようか・・

暇である。

暇だったら、旅行記の更新をしろよって話になるが、なかなかブログの更新には気分が大切である。

暗い気持ちで更新すると、暗い内容になってしまう。

気持ちが明るい時は、話のスピードも早く、いい記事が書ける。

 

入院生活。

時間はたくさんあるのだが、どうもブログの更新となると難しいようだ。

 

しかし、ブログの中を書き換えるくらいなら、そう苦にならない。

昔の記事を読んで、誤字脱字を直したり、足りない情報を加えたりはできる。

そんなところで、今日は暇つぶしでもしてみようか・・

 

後、もう少しだ・・

がんばろう(╹◡╹)♡

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします。