どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

>>>>>旅行記は、こちらから・・

 

何にもない普通の日が一番幸せなのかも・・


普通の朝である。

何も変わったこともない夜が明けた。

入院していると、こんな夜が一番いい。

何も変わらない普通の営み。

なんと幸せな時間だろう。

 

しかし、ブログを書いているものにとってはネタがないということとなる。

困ったものである。

いやいや、本当は困らないのだが・・

 

強いて、変わったことといえば・・・

4人部屋から、1人は手術でICU、1人は退院と同室者が減ったことである。

残ったのは、90の爺さん。

2人部屋になったので、空気が濃くなった感じである。

そのため、昨夜はぐっすり眠れたのかもしれない。

 

いなくなった2人とも若者である。

そのため、夜眠れなくて困っていた。

夜は暇つぶしのためか、度々トイレに行っていた。

夜、病院内で動ける理由とすると、トイレくらいしかない。

別に、尿意がなくてもトイレまで歩いてみる。

これだけでも、眠れない夜の気分転換となる。

 

私も、よくやることである。

一晩に2回ほど、トイレに行く。

昨夜は気持ちよく眠れたので、一回で終わらせている。

そんな感じの気分転換である。

 

みなさん、同じこと考えているのだろう。

1人トイレに行くと、続けて誰かがトイレに行く。

それも同時ではない。

変わり交代で行く。

これも、病院ならではの夜のイベントである。

 

よく病院の夜は寂しいのではという声を菊がそんなことはない。

誰が起きて動いている。

ナースセンターからも色々声が聞こえてくる。

今入院している病院は看護師の交代が夜中の1時にある。

その時は、引き継ぎの話など、結構賑やかである。

 

さらに、その後、交代した看護師の病棟内のチェックがある。

一人一人患者の容態の確認である。

昨夜はちょうど私が起きている時に回ってきて、びっくりさせてしまった。

 

さて、今日は主治医から今回の入院の経過について説明がある。

どんな説明になるのだろう。

今の肺炎の状態が知りたいところである。

 

最後の結論は見えている。

気管にシリコンをいれましょうとなるはずである。

さて、どうしましょう。

いれたくないのですが・・

 

今、元気である。

元気な時は困らない。

体調が悪くなった時は必要性を感じる。

しかし、健康な時の方が時間は長い。

その長い時間に、不快な思いが続くのなら、入れたくない。

 

すると、多分、主治医はそんなことないですよというだろう。

信じていいのだろうか・・

悩ましい。

 

私の結論はもう決まっている。

将来的には入れるつもりである。

でも、今は入れたくない。

と、答えるつもり。

 

体調もいいから、主治医からの説明の後、家に帰って見る予定である。

新しい空気清浄機も届いているはずである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押しお願いします