どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


スーパーのセルフレジ、割引シールの会計でトラブル発生、説教された


昨日から、一人暮らしが始まった。

しばらく、カミさんが家を留守にする。

独居老人の練習のような生活に突入した。

 

まずは最初の晩御飯。

自分で作ろうという気にはならなかった。

カミさんがいるときは、作ってみようという気になるのだが・・

面白いものである。

食べてくれる人がいないと作る気にならない。

 

私が入院中、カミさんが料理を作る気にならないと言っていたのがよくわかる。

作ったとしても、一人で食べるのはなんか虚しい。

 

ということで、

 

近くのスーパーに惣菜を買いに行った。

近くのスーパーは県内で一番大きい店である。

そのために、惣菜の種類はたくさんある。

なにを食べようか目移りのするくらいである。

 

昨日は、行く前からカキフライと決めていた。

歩いていきながら、ポテトサラダも付け合わせにいいなと思いながら行った。

買っているうちに、キャベツの千切りもあったほうがいいのに気がついた。

キャベツを一個買って自分で切るのは面倒なので、切ってあるのを買った。

なんとも、便利な世の中である。

まぁ、買った理由は、半額シールが貼っていたから・・

つい、買ってしまった。

 

レジはいつもの通り、セルフレジを使った。

品数が少ないときは並ぶ列が短いので、いつもセルフレジを使う。

 

いつものように、動物の鳴き声を聴きながら、会計を進めて行く。

 

先ほど買った半額割引のキャベツの千切りのとき手が止まった。

いつもだったら、割引シールが品物のバーコードの隣に貼ってある。

今回は、裏側のところにシールが貼っている。

 

どうしたらいいものか、セルフレジの係りを呼んだ。

すると、どうしたことか、説教をされた。

 

手で持つバーコードリーターは割引シールは使えません・・

黒窓の方を使って下さい・・とのこと

 

あのう・・

聞きたいのはそちらの方ではないのですが・・

係りのおばさんは一気にまくし立てて、手打ちで商品の金額を打ち込んで去って行った。

 

なんか、勘違いされたみたい・・

 

それに、そんなに怒らなくてもいいのに・・

一応、割引商品買っても、お客はお客なんですけど・・

 

なんか、呆れてしまったというか・・

もう半額のキャベツの千切り食べたくなったというか・・

50円、お金は払いましたが・・品物、置いて帰りました。

 

貧乏で、無知な、鈍臭い年寄りと見られたようです・・

まぁ、間違ってはないですが・・

年寄りはセルフレジを操作できない人間と思っているようです。

 

今日も、そのスーバーに買い物に行くのですが・・

ちょっと脚が重いというか・・

 

今日は憂さ晴らし記事・・

お付き合いありがとうございました。