どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


歳をとると量より質の食事になると思ったのだが、そうはならないようである


 

かつて、子供たちと一緒に暮らしいてるときは、食事は質より量であった。

美味しいもの食べたくても、5人分用意するとなると大変である。

一人五百円の予算でも2,500円となる。

これが一ヶ月分となると、8万円近くになる。

それが、今は二人だけの食事が多い。

 

すると、気軽に美味しいものが買える。

例えば、昨夜の夕食。

ちょっと刺身が食べたいなという話になった。

近くのスーパーで刺身の盛り合わせを買った。

以前だったら、ちょっと手の出ない値段のものである。

 

一つはタチウオの刺身。

そして、もう一つは五種類くらい入った刺身の盛り合わせ。

二品で1500円である。

この金額でも、ちょっと贅沢な気持ちになる。

カミさんは贅沢だと、千円くらいに収めたかったようだが、たまにはいいかと奮発してみた。

奮発して、この値段。

安いものである。

 

f:id:fabifuten:20181214070636j:plain

 

我が家の食費は安く抑えている。

子供たちがいなくなってから、1日の食費はコメなどを入れなかったから、千円をきっていると思う。

そんな生活が続いている。

別に倹約しているつもりはない。

普通に買い物して、そんな感じである。

 

夫婦二人でこの時期食べるとなると、鍋が多い。

湯豆腐だと、とても安くつく。

ちょっと贅沢にと、これに肉や魚を加える。

それでも、二人で千円を超えることはない。

十分、美味しく食べれる夕食である。

 

これが子供がいるときであれば、こんな食事内容だったら暴動が起きる・

肉食わせろーーーと。

さらに、その食べる量は半端ではない。

 

昔はこの時期、たまにではあるが、しゃぶしゃぶの食べ放題に行っていた。

その際の肉の皿の追加の速さ・・

店の人がお代わりが追いつかないスピードで肉の皿が開いていく。

食べ放題の店だから、十分に元は取れる。

 

また、朝食のバイキングだったら、さらに凄まじいことになる。

3人の子供が、おかわりで何往復することか・・

すごいペースでテーブルの上のものがなくなっていく。

 

そんな時代を思い出すと、今の食事は楽なものである。

夫婦二人で食べるだけであれば、ほんの少しの量で足りる。

ということで、やっと量より質の食事に変えれたようである。

 

しかし、あと変えないといけないのは、私のケチな性格。

二人分だったら、そこそこ贅沢しても出費に大したことはない。

しかし、根がケチである。

ついつい倹約してしまう自分がいる。

 

先日の惣菜売り場でもそうだ。

魚の煮付けを買えばそれで終わるのだが、勿体無いということで、魚を買って自分で作る。

そうすると、夕食一回分ではなく、残ったものが翌朝の朝食のおかず・・

さらに、次の夕食のおかずにもなる。

そんな感じの食生活となる。

なんとも、質素な食生活である。

 

まぁ、別に不満はないのだが・・

もう少し贅沢してもいいのではと思う自分もいる。

さてさて、どちらがいいのか・・

少なくとも、私の性格だったら下流老人は免れそうである

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押しお願いします(_ _).。