どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


心を休める睡眠できていますか?



昨夜は、8時半に床に入り、先ほど7時前まで寝てました。

久々の熟睡でした。

 

今回入院して思ったのですが、睡眠には三つの要素がある感じです。

 

体を休める睡眠。

頭を休める睡眠。

心を休める睡眠。

 

病院では、主に体を休める睡眠が中心になります。

そして、なかなかできないのが、心を休める睡眠。

休めるどころか、むしろ病院ではさらに疲れたりして・・

 

今回、隣のわがままな爺さんに出会って実感しました。

 

十分おきに押すナースコール。

その度に親切にやってくる看護師さん。

なんでもないことにもニコニコ対応して帰っていく。

そして、10分後にはまたナースコール。

 

最後の方は、何のご用ですかとマイク越しに看護師さんが聞いていた。

すると、ちょっと来てやという言葉・・

来てくれたら、わかると・・

来るのが遅くなると、不機嫌になる。

いやいや、大変な爺さんでした。

 

まぁ、体が動かないというのでかわいそうなのですが・・

夜中も起きているときは、御構い無しで・・

彼の生活パターンに合わせて寝ていました。

といっても、寝れる訳ないし。

 

今思うに、ボーとしている時間が少なかった感じです。

いつも、隣の爺さんの声か、ため息を聞いていて、のんびり休めなかった。

大体、病室ってのは静かなのですが、爺さん、動けないだけで病人ではなかった。

だから、爺さん、暇だったんでしょうね。

色々考えるから、ますますイライラしたのかも。

そして、やっばり、究極の原因は寂しさ・・

 

その爺さん、今日退院して介護施設に移る。

周りの人とうまくいけばいいけど・・

頑張ってね。

 

色々ありましたが、今回の入院ほど眠れなかったことはありませんでした。

病状が命に関係するほどでなかったので、なんとかなりましたが、はっきり言って疲れました。

 

 

 自宅に帰って、ゆっくり心を休めることができた次第です。

 

皆さんも、心を休める睡眠、大事にしてくださいね。

 

さて、心を休めるに旅行がいいですね。

叶わないけど・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押しお願いします

 

 

www.futen.xyz