どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

持ち家で、老後の年金生活に貯蓄はいくら必要だろう



今、病気になって仕事もせずに生活している。

それでも楽しくやっていけてる。

その一番の理由は持ち家であるというのが大きい。

当然ローンの支払いは終わっている。

とにかく収入がなくても、住むところがあるというのは大きな安心感になる。

 

衣食住という生活費の区分がある。

衣は倹約すればなんとかなる。

食は歳をとると、それほどお金がかからなくなる。

住さえしっかりしていればなんとか生活できる。

それが、だんだん分かってきた。

まぁ、古くなってリフォームなどを考えだすとお金が必要になる。

当面、今のままで大丈夫な我が家である。

 

老後に3000万円必要との話がある。

色々調べて見ると、こんなところから話が始まったようです。

 

老人夫婦二人世帯のモデル年金が月約23万円。(厚労省より)

ゆとりのある老後生活をするのに月約38万円必要である。(生命保険文化センターより)

その差額15万円の一年分が180万円。

老後、元気で活動できる80才までの年数を15年と考える。

すると、180万×15年で総計が2700万円となる。

予備費を加えると、大雑把にみて3000万円という額となる。

これが、老後3000万円の資金が必要であるという根拠らしい。

ちなみにこの数字に責任を持つ人はいない。

80才まで楽しく暮らすためには、年金以外に3000万円必要ですよ、との話となる。

 

月38万円の暮らしってどんなのって話である。

東京など、住む場所によっては大変かもしれない。

しかし、地方都市でこの金額で生活したら、結構な暮らしぶりとなる。

旅行など、バンバン行けちゃう金額です。

 

そもそも、手取り38万円の収入を得ようと思ったら、税金や社会保険、そして、住宅ローンなど引かれることを考えたら、60万円くらいの給料取りである。

そんないい給料もらえる人なんて、地方都市にはそれほど多くいません。

 

どうして、こんな話が蔓延しているか・・

どうも不安を煽って、金儲けをしたい人がばらまいている形跡があります。

 

 この人たちは、不安になった人を捕まえては、美味しい商売につなげていきます。

例えば、株に投資しませんかとか。

そして、大事な老後資金をかすめていきます。

 

冷静になって、自分の生活にあった老後資金の計算が必要です。

老後、どんな生活がしたいのか。

 

働いていた時の生活費を調べてみるといい。

働いている間は、子供の教育のため、多くのお金を使っていました。

家を離れて生活する子供への仕送りは大変でした。

さらに、家のローンを払っていた。

その間、いくらの生活費で暮らしたか・・

それほどたくさん使っていなかったと思います。

 

そんな生活をしていた人がいきなり老後になって月38万円も使いますか?

おかしな話です。

 

まぁ子供もいなくって、家は昔からある家に住んでいてローンはなかった。

現役時代、贅沢な生活をしていた人なら分かりませんが・・

子供を育てて、ローンで家を手に入れた人だったら・・

月23万円の年金で暮らせていけるのではないでしょうか。

 

そんなことも思う今日この頃です。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押し、お願いします□\(^-^ )