どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

>>>>>旅行記は、こちらから・・

 

ヒマラヤ遊覧飛行は団体旅行が優先?


昨日は今回の旅行のメーンイベント。

ヒマラヤ遊覧飛行である。

飛行機に乗って、エベレストを見にいくツアーである。

 

山の気流は朝の方が安定しているということで、始発便を予約していた。

ホテルを出たのが5時半。

道路が空いていたので、6時前には空港に到着した。

 

乗る手続きは普通の飛行機に乗るのと同じ。

eチケットとパスポートをカウンターに見せるだけで手続き完了である。

 

しかし、ここはネパール。

いい意味でも、悪い意味でもアバウトである。

そのアバウトがいい方に転ぶと、いいことが起きる。

例えば、昨日・・

どこがいい席か聞いていたのでリクエストをして見た。

ちょっとずれたが、翼のちょっと後方のいい席。

当然、二人とも窓側である。

山を見にいくのに、通路側だとシャレにならない。

 

そのチェックイン時に一悶着。

並んでいたカウンターが別のカウンターに変更。

当然、日本ならそのまま平行移動だが、やはりネパール。

再度早い者勝ちとなった。

早くから並んでいた意味なし・・

 

さらに・・

十人以上のインド人団体客が一人代表でチェックイン。

それも人波をかき分けて、窓口でねじ込んだ。

 

順番もクソもない状態。

まぁ、私もそれに怯まず別の窓口でチェックインして被害なし。

色々ありますわ・・

 

さて、搭乗手続きも終わり、後は搭乗を待つばかり。

 

椅子に座って待っていると・・

やってきました・・日本人団体客。

添乗員に連れられ登場です。

それも数組。

みなさんバッチつけてますからわかります。

そのまま搭乗口へ。

優先搭乗です。

まぁ、席は決まっているからいいけど・・

 

この日の始発便は臨時便も出て、4便になっていた。

同時に4機が離陸かい・・てなことないわな・・

 

そのうちの1便に案内されると、前半分はインド人団体客。

後ろ半分は日本人団体客。

その二つに挟まれるように一般客。

一般客座席がベストポジション。

 

そして、全て窓側だけに着席。

マウンテンフライトだけは通路側は使わないようである。

 

そして、いざ出発・・

 

素晴らしいフライトであった。

雲ひとつない空。

そびえ立つヒマラヤの山々。

 

しかし、見える方向は左か右である。

行きは左側に山が見える。

そして、帰りは右側。

 

そうなると何がおころか・・

わがままな客の大移動である。

私の前の席は窓側も空いていたのだが、前方からインド人が移動してきた。

右側に座っていたカミさんを移動させようと思っていたのに・・

図々しいものが勝つこの世の中・・

 

先に移動させておけばよかった。

 

その後もインド人観光客やりたい放題。

特に子供がひどい。

乗務員から席に座れと言われても御構い無し。

うろちょろ動き回る。

最後は諦めたのか、注意すらしなくなった。

 

f:id:fabifuten:20180311084421j:plain

 

日本の団体のマナーはよくなってきたが、まだまだ他の国の団体客のマナーは悪い。

旅は恥のかき捨てとばかりに・・

 

目立つのは中国人、韓国人。

そして、今回はインド人。

一度、インド人の団体と中国人の団体を対決させて見たいものだ。

 

さて、マウンテンフライト、コックピットまで入らせてもらい大満足。

いい写真がたくさん取れました。

 

 

futen.net