どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

入院生活・・うっとおしい爺さんとの付き合いもあと少し


f:id:fabifuten:20181024160806j:plain

 

寝不足の朝である。

隣の爺さん、今日も朝早くからテレビをつけている。

まだ、起床時間の6時になっていないのに・・

もう少し寝たい時間に音を立てられると辛いものがある。

さらに、テレビをつけてから自分はいびきをかいて寝ている。

よくわからない行動パターンである。

 

昨夜の夜中は目覚ましがなった。

十二時にである。

これで二晩連続である。

夜中に起きないといけないことでもあるのだろうか。

設定しているだけで、起きる気配はない。

自分は薬を飲んで熟睡中。

なんとかならないものか・・

昼の12時に設定していて、時計がなるのが夜中担っている模様・・

自分では気が付いていないのだろう。

幸せなひとである。

 

目覚ましだけではない。

寝入りばなに電話がかかってきた。

マナーモードなど設定するような輩ではない。

やたら大きな着信音で起こされた。

その後、悪びれることもなく大きな声で話していた。

普通なら小声で話すところだろう・・

今まで、どんな生活をしてきたのだろう。

今の時代では珍しい部類の人種である。

 

何か一つマナーというネジが外れているようである。

人の迷惑より、自分の都合を優先する。

まぁ、そんな図々しい神経だから長生きできたのかもしれない。

世の中、色々な人もいるが、これだけの歳をとって、さらに周りが見えない人は珍しい。

腹がたつのを通り越して、諦めの境地になっている。

 

まぁ、こんなことで寝不足になるのはもう少しである。

昨日、主治医より今後の経過について説明があった。

あと一週間ほどで機械を外すという。

その後は外来での治療に切り替えるという。

 

外来・・・

ということは退院である。

 

待ち望んでいたものがもうすぐそこまで来た。

うっとおしい爺さんとの付き合いもあと少し。

 

頑張ろう(^O^☆♪

 

www.futen.xyz