どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

今回の手術は七時間だったという

私が手術室に入ったのが、9時。

終わったのが4時という。

今回も長い手術だったようである。

私は意識がないのでわからないが、大変だったようである。

ただ、前回は12時間くらいかかって、カミさんが帰宅したのが日付が変わっていたという。

その点、明るいうちに帰れたと喜んでいた。

 

手術の前は私は元気であった。

歩いて手術室まで行き、自分で手術台に乗った。

意識もはっきりしていたので手術室の様子がよくわかった。

まぁ、知らない方がいいのだが・・

いろいろ準備をしているうちに眠らされていた。

終わった頃だろうか、目を開けられて光を当てられた。

しかし、体は動かなかった。

 

意識が戻ったのは翌朝。

目覚めた時、窓からの光が眩しかった。

おぅ、生きている。

そんな感じの目覚めであった。

 

何度目かわからないICUでの目覚めである。

看護婦のみなさん、顔見知りで、まずは挨拶からだった。

なんとも言えない気分だが、安心感はあった。

危篤な人がいなかったためか、明るい雰囲気であった。

 

遠くからテレビの音が聞こえてきた。

最近ICUでもテレビが見れるようになった。

私も見ないかと尋ねられたが、見たい番組もなかったので断った。

 

今日、主治医とICUのテレビの話になった。

主治医はICUの責任者も兼ねている。

なんと、ICUのテレビは過去一週間分の番組が見れるようになっているという。

番組はwifiで飛ばしているらしい。

話の種に見ておくべきだった。

次回と言いたいところだが、もうICUからは卒業したいものである。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村