どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

恐怖のamazonサイバーマンデー開始

40年前の思い出に浸った青函連絡船「摩周丸」


40年前の函館駅。

まだ木造の建物で、駅舎の中も木のベンチ。

お金がなかった学生時代、そのベンチで夜を明かしたこともある。

そんな思い出につられ訪れた函館駅。

びっくりするくらい立派な建物に生まれ変わっていた。

 

f:id:fabifuten:20190911171258j:plain

 

駅前広場も広くなり、モニュメントも。

 

f:id:fabifuten:20190911171301j:plain

 薄暗かった待合室も明るく近代的に。

なんか逆に旅情がなくなって寂しくなります。

 

f:id:fabifuten:20190911171255j:plain

 

しかし、その函館のすぐ横の桟橋には今も青函連絡船が留まっています。

その姿を求めて、函館港へ。

 

f:id:fabifuten:20190911171244j:plain

 

その港に面する広場は「イカ広場」という名前。

ここにあるモニュメントはイカを表しているとか。

確かにそう言われてみればイカに見えます。

 

f:id:fabifuten:20190911171247j:plain

 

そこにはかつて使われていた錨が置かれています。

その後ろには摩周丸。

 

懐かしいというやら・・

よく残してくれたと感謝の気持ちも。

一気に学生時代に引き戻してくれます。

 

f:id:fabifuten:20190911171056j:plain

この摩周丸。

外から見るだけでなく、中も見学できるとは。

鉄ちゃんとしては、もう涙ものの観光地です。

 

その入り口もかつての乗船口から・・

 

f:id:fabifuten:20190911171058j:plain

 

案内板を横目に階段を登ると・・

 

f:id:fabifuten:20190911171102j:plain

そこは昔ながらの乗船口。

f:id:fabifuten:20190911171104j:plain

 

その横にはポスターも貼っていて、昔を思い出させてくれます。

 

f:id:fabifuten:20190911171107j:plain

もう頭の中は40年前に・・

f:id:fabifuten:20190911171111j:plain

 

早速船に入ります。

 

f:id:fabifuten:20190911171114j:plain

流石に全てが昔のままとはいかないようで、色々展示施設に別れています。

f:id:fabifuten:20190911171117j:plain

まずは、横のデッキに出てみます。

 

f:id:fabifuten:20190911171120j:plain

そこから部屋に入ると・・

昔懐かしの座席がずらり・・

f:id:fabifuten:20190911171124j:plain

学生時代には雲の上の一等席も。

記念に一等席に座ってみたり・・

 

f:id:fabifuten:20190911171129j:plain

そして、制服も展示しています。

ちょっと着てみたい気持ちもあるのですが・・

f:id:fabifuten:20190911171131j:plain

そして、船の先頭のロビーに行くと・・

f:id:fabifuten:20190911171134j:plain

ちゃんとそこには試着用の服があります。

それも船長服。

ちゃっかり着させてもらって写真撮りました。

f:id:fabifuten:20190911171140j:plain

そのロビーからは船の先端。

f:id:fabifuten:20190911171137j:plain

 

この部屋には、昔の新聞とか・・

 

f:id:fabifuten:20190911171145j:plain

当時のダイヤグラムも見ることができます。

それもバソコンに中に保存されているデータは1日きざみ。

私が乗っただろうと思う昭和50年の日付にあわせ、運行図を出してみました。

至れり尽くせりのサービスです。

 

f:id:fabifuten:20190911171147j:plain

その横の展示室には・・

f:id:fabifuten:20190911171151j:plain

ヨダレが出るくらい欲しいものが・・

これ欲しいんですよねぇ。

f:id:fabifuten:20190911171153j:plain

そして、階を上がると操舵室。

昔のまま残っています。

f:id:fabifuten:20190911171156j:plain

外を眺めるだけで気持ちがいい。

できれば現役の時にここに来たかった。

そんな場所・・

f:id:fabifuten:20190911171200j:plain

カミさんが出発進行・・

 

f:id:fabifuten:20190911171203j:plain

さらに甲板に登ると・・

f:id:fabifuten:20190911171206j:plain

さらに気持ちのいい景色。

遠くに函館山が見渡せます。

f:id:fabifuten:20190911171209j:plain

振り返ると、函館湾。

f:id:fabifuten:20190911171212j:plain

昔はこんなだったと、古地図まであります。

そういえば、この港。

昔に比べ、かなり埋め立てられて景色も変わっています。

 

f:id:fabifuten:20190911171215j:plain

 

甲板を歩きながら、たくさんの写真を・・

f:id:fabifuten:20190911171218j:plain

一枚一枚撮るのが楽しくって・・

 

f:id:fabifuten:20190911171220j:plain

人から見ると、どうでもいい写真かもしれませんが・・

私にとっては宝物のような船です。

f:id:fabifuten:20190911171223j:plain

そして、この甲板から船室に入ると・・

ここにも懐かしい光景が広がります。

 

f:id:fabifuten:20190911171226j:plain

そして、流石に売店はなくなっていますが、写真が・・

もう懐かしさが込み上げてきます。

 

ここで干したホタテの貝柱を買って、しばらくしゃぶっていた記憶も。

お金がないから、できるだけ長く食べれるものを買ってました。

 

f:id:fabifuten:20190911171229j:plain

 

色々楽しませてもらった青函連絡船。

 最後にもう一度ポスターを見ながらお別れです。

f:id:fabifuten:20190911171236j:plain

外に出て、摩周丸の名を写真に残し・・

f:id:fabifuten:20190911171238j:plain

 

さようならです。

<にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

今日もクリックありがとうございます。