どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

はるばる来たぜ函館・・札幌からの道のりは遠かった


おはようございます。

カモメの鳴き声で朝を迎えています。

ここは函館、港町。

考えてみれば40年ぶりの訪問です。

 

仙台での学生時代。

嫌なことがあると列車に乗り青森へ。

さらに青函連絡船で津軽海峡を渡るとここ函館。

そのころの気分では最果ての街に来たような・・

そんな感慨深い街でした。

 

そして、今、函館に降り立つと栄えた港町。

昔はあまり見かけなかったビルも数多く立っています。

あれから40年。

いろいろ函館もあったようで・・

まぁ、私の人生もいろいろありました。

そんな感じの朝を迎えています。

 

さて、昨日の私の行動ですが・・

朝、5時に起きてブログを書き上げ、簡単な朝ごはんを済ませた後、札幌を出発。

ちょうど8時の出発のため通勤ラッシュにぶち当たり、ノロノロと・・

 

札幌から函館のコース、いろいろ考えた末に小樽経由の昔ながらの国道5号線を選択。

ちょっと時間はかかりますが、高速乗らない分倹約できるかと。

そんな感じのスタートでした。

 

しかし、札幌市内の渋滞ですでに疲れ切り、札幌を出たところで高速へ。

小樽から余市まで新しくできた高速道路も使ってみたいという気持ちも・・

そんな感じで自分の気持ちに踏ん切りをつけ、高速を走りました。

 

余市までの道のり・・

目の前を赤いフェラーリが走っていたりして・・

それを追っかけるうちに、あっという間に余市到着。

その後、ダラダラと下道を走ります。

 

目指すはまずはニセコ。

羊蹄山とニセコアンヌプリが待っています。

しかし、やっぱり下道は遠く、やっと到着の

ニセコの道の駅。

 

f:id:fabifuten:20190903061144j:plain

 

ここまでかかった時間、約3時間。

ここまでで結構疲れました。

 

そこで、見つけた気付け薬。

ニセコで作っているサイダー「夏空」

これってなんかパクっていませんか・・

お値段290円のサイダー。

こんな高級サイダー初めての経験です。

でも、買っちゃうところが旅行中。

羊蹄山をバックにパチリ・・

 

f:id:fabifuten:20190903061205j:plain

そして、ニセコアンヌプリもバックにも・・

 

f:id:fabifuten:20190903061220j:plain

まぁ、それなりに美味しかったので良しとしましょう。

ただ、羊蹄山とニセコアンヌプリのいい写真が撮れないのが癪に触り・・

途中、撮影スポットに立ち寄ります。

まず、

羊蹄山・・

 

f:id:fabifuten:20190903061236j:plain

そして、

ニセコアンヌプリ・・

 

f:id:fabifuten:20190903061250j:plain

ちょっと遠いですが・・

みなさん考えることは同じなようで、撮影に気合が入っている人もちらほらと・・

 

f:id:fabifuten:20190903061305j:plain

 

さて、こんなことをしているので前に進みません。

昼をすぎ、お腹が空いた頃に長万部通過。

 

ここで、今回の函館行きの行程で大事なイベントを・・

鉄ちゃんなら是非食べたい長万部の駅弁、カニ飯弁当。

その販売元のかなやのレストランへお邪魔です。

 

かなやのかにめし

そして、注文したものは当然、カニ飯弁当・・というわけにはいかず

f:id:fabifuten:20190903061336j:plain

 

アナゴ天丼です。

 

f:id:fabifuten:20190903061419j:plain

 

なぜかというと、私、甲殻アレネギーでカニが食べれません。

いや食べてもいいのですが、その後、痒みとの戦いが待っています。

 

そんな感じでバス。

でも、カミさんが頼んだカニ飯を少しだけおすそ分けしてもらいました。

 

f:id:fabifuten:20190903061435j:plain


やっぱり美味しいですねぇ・・

旅行中じゃなかったら、私もたっぷり食べたいところです。

 

しかし、アナゴ天丼も絶品。

満足な昼ごはんとなりました。

 

さて、こんなことをしているうちに時間は過ぎていき・・

体力も少しずつ減退しており・・

この辺で下道を走ることは断念。

国縫から高速道路を走ります。

 f:id:fabifuten:20190903061502j:plain

 

途中、八雲のサービスエリアで噴火湾を眺め・・

 

f:id:fabifuten:20190903061533j:plain

 

そして、次に目指すは

大沼公園。

高速道路から駒ケ岳が近づいて来ます。

 

この山はかつて美しい富士山のような山景をしていたのですが、噴火のため上半分が吹っ飛び・・

その結果、吹っ飛んだ土が大沼公園を作ることとなりました。

 

これは磐梯山と同じ歴史で・・

大沼公園と裏磐梯の景色はよく似ています。

そんな景勝地、大沼公園。

私、二回も函館に来ているのですが、今回が初めても来園です。

 

f:id:fabifuten:20190903061636j:plain

 

この大沼公園、流石に広くて歩いてみて回るのも大変。

自転車で回っている人も数多く見かけます。

 

f:id:fabifuten:20190903061656j:plain

 

ということで、ノラの私たち夫婦が選択した見学方法は・・

一番楽な遊覧船でも観光です。

 

f:id:fabifuten:20190903061716j:plain

 

座っている間に、どんどん景色が変わっていきます。

さらに風光明媚なところはキチンと抑えてくれるし・・

 

f:id:fabifuten:20190903061734j:plain

 

それにしても、お値打ちの観光船でした。

乗っている間・・

ずっと写真を撮りまくっていたような・・

 

f:id:fabifuten:20190903061747j:plain

 

30分の船旅でしたが、満足の観光船でした。

 

f:id:fabifuten:20190903061804j:plain

 

その後、名物の大沼の団子を頂き・・

 

f:id:fabifuten:20190903061846j:plain

 

そして、向かうは函館ではなく・・

もう一つ、立ち寄り場所があります。

 

観光案内では絶景の道とか。

大沼公園から山道を登ります。

 

f:id:fabifuten:20190903062024j:plain

着いた場所は・・

城岱牧場展望台

f:id:fabifuten:20190903061953j:plain

ここから見る函館の街もいいとか・・

遠くに見える函館の街。

はぁるばる来たぜ、函館ぇ♪

 

いやいや、色々寄り道しましたので、札幌から函館まで8時間の道のり。

高速を飛ばせは4時間ちょっとなのですが・・

遠かったです。

 

さて、このブログの記事もダラダラと長くなりました。

外も明るくなって来たようで・・

これから函館の朝市に行ってみようかと・・

続きは後ほどに・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

今日もクリックありがとうございます。