どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


今回の入院の一番の苦しみは胃カメラ



胃の調子が良くなってきた。

 

ご飯をおかゆ中心で食べてきたのが良かったようである。

今朝は、あん肝の出汁が残っていたので、これで雑炊をカミさんが作ってくれた。

いやいや、朝から満足の一品でした。

おかげで夜中に胃が痛くなっているのがなくなった。

そろそろ普通の食事に戻れそうである。

 

それにしても、今回の入院では胃にやられた。

 

いちばん辛かったのが、胃カメラを飲むときであった。

 

朝、主治医が病室にやってきて、今日検査するからと言って立ち去った。

検査まで飲み食い禁止ねっと言って・・

すぐに検査が始まるかと思ったら、始まったのが午後。

それまでずっと喉が渇いても我慢していた。

 

そして、胃カメラを飲むとき、どろっとした液体を渡された。

ゆっくりでいいから飲み干してくださいと言われたが・・

あまりの美味しさに、ほぼ一気飲みをしてしまった。

それくらい喉が渇いていた。

 

ただ辛かったのはその後。

 

最近、胃カメラが小さくなっていると聞いていたが、まだ大きかった。

そのことを医者に言うと、小さいのは視野が小さいからよく見えないと言う。

大きい方が検査にはいいということで・・

 

胃の調子が悪いどころか、胃痙攣を起こしているところにカメラを突っ込むのだから大変。

グリグリされると辛い。

というより、吐きそうになる。

そこで、げっぷをすると・・

検査ができなくなるので我慢せよという。

地獄の苦しみとまではいかないが、結構辛い時間であった。

 

検査の結果も完全には把握できなかったようである。

ただ、見えた範囲では問題ないという。

結局、あの苦しみはなんだったんだろう。

全く悪いところが見つからなかったということは、カメラ飲んだだけ損ということか・・

それとも、良かったと考えるべきか・・

 

微妙である。

 

まぁ、そうはあれ、元気になったということはいいことである。

しかし、相変わらず飲んでいる薬の量はすごい。

この薬を飲んでいるだけで胃を壊しそうである。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ 

今日もひと押しお願いします。