どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

健康は貯金より大事な財産である・・定年退職して思うこと



明日は病院である。

今月はよく病院代を払った。

入院費だけでなく、通院の費用もバカにならない。

CTや血液検査は額が大きい。

明日の分も入れて、今月は十万近くになりそうである。

 

高額療養費制度の限度額適用認定証で、病院の支払いが安くなった

 

高額療養費という制度がある。

おかげで病院に支払う上限は決まっている。

しかし、高額療養費制度は、入院費用と通院費用は合算されない。

別々で上限が決まる。

私の場合だと57,600円が上限だが、通院費用と入院費用は別になるので、最大115,200円の出費となる。

収入がない生活だと、かなりきつい出費である。

いや、あったとしても大変である。

 

老後、健康な人と病弱な人とでは生活がかなり違ってくる。

病院代があるとないとでは、月々の生活費に大きな違いができる。

今になって思うことだが、収入を増やそうと若い時頑張っても、病気になったら元も子もない。

むしろ無理しないで健康な体を作った方が財産となる。

 

健康は財産である。

もし、若い時の私に伝えるすべがあれば、こう伝えたい。

お金より健康を大事にしなさい。

 

まさに、後悔先に立たずである。

 

バナーは今日の弁当。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします。