どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

アレルギー性喘息になって、気をつけることが増えた



二週間ほど呼吸困難で入院していた。

その後、退院してもう二週間経った。

早いものである。

今日は経過観察のための診察であった。

 

血液検査と肺機能の検査があった。

血液検査は多項目にわたって行われる。

ここ何年もこの検査は続いているので大体のことは分かる。

私の場合、血管が出にくいのでなかなか苦労する。

今日は慣れた看護師さんだったので、楽だった。

ひどいときは数回針を刺されるときもある。

 

よくわからないのは肺機能の検査である。

息を勢いよく吐き出したときに息が流れる速さを測定している。

ピークフローメーターというらしい。

これで、気道のつまり具合を検査するという。

私の場合、肺の手術の回数が多かったこともあり、昔からのデータが残っている。

その数値と比較すると、今日の数値は昔に比べ、三分の一近くまで減っているという。

喘息のような症状で、かなり深刻なようである。

 

原因はアレルギーというのが可能性が高い。

そのために、原因となるアレルゲンを減らしているのだが・・
ハウスダストやダニ対策は、カミさんが室内の掃除を徹底してくれている。

空気清浄器は一日中つけっぱなしである。

それでも、時々外からたばこの煙が流れてくることがある。

この時の発作はきつい。

 どうも、煙に弱いようである。

 

季節の変わり目が良くないようである。

今回の入院も季節の変わり目であった。

急に気温が下がったりする日は気をつけないといけない。

花粉が良く飛ぶ春は特に要注意だ。

 

また、インフルエンザの季節が近づいてきた。

私の場合、ひどい咳は命取りになりかねない。
風邪をきっかけにぜんそくが発症することも多いという。

インフルエンザだけでなく、風邪をひかないようにしないといけない。

 

ストレスもよくないらしい。

ストレスをためないように、散歩したりして気分転換も必要だという。

また、睡眠を十分に取ることも大事な予防になるという。

 

運動をするのがいいかと聞いてみると、そうでもないようである。

むしろ、運動が発作の原因になるときもある。

確かに、墓参りになどで坂道を登るときはきつい。

くれぐれも用心してね、とのことである。

 

最後に強く注意されたのは・・

症状が良くなって、治ったように感じるときである。

良くなると、薬を勝手に止める人がいるという。

しかし、実際にはまだ気道が狭くなっていて、いきなり激しい発作に襲われるという。

勝手にやめないようにと、釘を刺された。

まぁ、今まで何度も薬をやめている前科が私にはある。

今回は、主治医の言う通り、真面目に薬を服用するこことする

 

しかし、それにしても薬の数が多い。

これが一番の悩みである。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押し、お願いね(_ _).。