どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


積丹半島ドライブで神威岬へ 札幌から日帰りです

札幌から日帰りで行ける絶景はどこだろうと地図を眺めていると・・

 

積丹半島・・神威岬・・カムイ岬・・

 

ここいいんじゃないってことで、レンタカー借りて出かけました。

 

 

まずは、小樽通過・・

 

相変わらず観光客で沸いています。

 

バス駐車場は満杯。

それにしても、昔ここは運河だったところ・・

今になっては勿体無い話・・

どうして、埋め立ててしまったのでしょう。

残念な話です。

 

 

f:id:fabifuten:20180829083728j:plain

 

ここは本日の目的地でないので通過します。

 

早めの昼食。

朝はコンビニのパンをホテルで食べただけだったので・・

 

北海道限定なのかな・・

 

ザンギマヨネーズ巻き

 

それと、筋子おにぎりも・・

さすが北海道、美味しいですねぇ・・

 

f:id:fabifuten:20180829083734j:plain

 

余市を抜けると、海が見えてきました。

 

日本海です。

海の色が違います。

 

 

f:id:fabifuten:20180829083737j:plain

 

 

途中から山の中を走ります。

ここは知床かぁという雰囲気です。

原生林が広がります。

 

f:id:fabifuten:20180829083741j:plain

 

神威岬

 

やっと着きました。

札幌から約2時間。

カミさん、運転頑張りました。

今回の旅行、私、コンタクト忘れてきまして・・

運転手はカミさんです。

 

 

f:id:fabifuten:20180829083744j:plain

 

さて、案内板をみると・・

 

あれぇ・・

岬までは、これから30分ほど歩かないといけないそうな・・

 

まず、展望台まで登ります。

 

 

f:id:fabifuten:20180829083746j:plain

 

はるか先に灯台が見えます。

もうこの段階で心が折れました。

 

まぁ、岬をみたということで・・

 

f:id:fabifuten:20180829083749j:plain

 

それにしても、海の色が素晴らしい。

太平洋とはちと違う雰囲気です。

 

チュルリ〜と曲が流れそう・・

 

 

積丹岬

 

次に向かったのは積丹出岬灯台。

 

車を駐車場に止め、地図をみます。

 

岬に登る道と、トンネルを抜けて海岸へ行くふた通りのコースがあります。

 

 

f:id:fabifuten:20180829083759j:plain

 

せっかくなので、坂道を登って灯台を目指します。

 

しばらく歩いていると、後100メートル・・

心が折れそうな時のこの看板、励まされます。

 

前を歩いていたカップルが引き返してきました。

意外に軟弱なやつ・・

 

f:id:fabifuten:20180829083756j:plain

 

ゼイゼイ言いながら、坂道を登ると・・

 

えっ・・

 

これ何・・

 

まだ、先がありました。

話が違います。

 

ここで私も心が折れました。

引き返します。

 

f:id:fabifuten:20180829083752j:plain

 

登り口まで戻って、楽そうなトンネルコースに向かいます。

100メートルほどのトンネルを抜けると・・

 

f:id:fabifuten:20180829083804j:plain

 

絶景が待ってました。

 

最初から、こちらを選んでおけばよかった・・

 

f:id:fabifuten:20180829083802j:plain

 

続いて、黄金岬を目指します。

積丹三大岬と私は名付けました。

最後の岬です。

 

黄金岬

 

グーグルマップを頼りに到着しました。

 

が、それらしきものが見当たりません。

多分、この岬がそうだと思うのですが・・

駐車場すらありません。

 

でも、この港、いい雰囲気です。

イカ釣り船でしょうか。

いい味出してます。

 

とりあえず、港に車を止めさせてもらって探索・・

f:id:fabifuten:20180829083809j:plain

 

 

ありました。

小さな道を登って行くようです。

 

しばらく登ると、獣道。

雑草が生えています。

あまり観光客来ないのかな・・

 

さらに、ここから20分歩くそうな・・

今までの経験から諦めることに・・

 

f:id:fabifuten:20180829083807j:plain

 

入り口の横にあったトンネルを抜けて反対側へ・・

駐車禁止の看板が立っています。

たくさんの車が止めるのでしょうね・・

 

カミさんを車に残し、海岸に出てみると・・

 

ソーラン節の碑

 

なるほど、納得の雰囲気です。

 

f:id:fabifuten:20180829083812j:plain

 

こちらからは岬が見渡せます。

 

ここの海岸は夕日が綺麗とか・・

日が沈み、海が黄金に輝くそうです。

 

 

f:id:fabifuten:20180829083815j:plain

 

岬めぐりも終え、次は余市観光です。

 

まずは・・

 

余市宇宙記念館

 

残念ながら、火曜日は休館日。

昨日は植物園がおやすみで入れず・・

どうも、リズムが悪いようです。

 

f:id:fabifuten:20180829083818j:plain

 

でも、入り口にははやぶさの模型が・・

四分の三モデルということですが・・

意外に大きいのですね。

 

余市ニッカウイスキー工場

 

気を取り直して、すぐ隣のニッカウイスキー工場へ。

正式にはニッカウィスキー余市蒸溜所というらしい。

 

朝ドラから一気にメジャーな観光地へ。

私は見ていませんが・・

 

でも、いい感じの工場です。

そして、なんと・・

入場料無料。

ニッカウイスキーさん、太っ腹です。

 

f:id:fabifuten:20180829083821j:plain

 

工場見学というより、昔の北海道を味わう感じです。

建物が素晴らしい。

 

f:id:fabifuten:20180829083825j:plain

 

竹鶴社長のお家とか・・

いい感じで残されています。

これだけでも、観光地ですね。

 

f:id:fabifuten:20180829083831j:plain

 

ウィスキーの製造過程を見た後は、工場内散歩。

美しい風景が広がります。

 

 

f:id:fabifuten:20180829083833j:plain

 

レンタカーの返却時間が近づいてきたので、帰ります。

カミさんの手にはウイスキーのお土産が・・

正月に飲むそうです。

 ニッカウイスキーさん、お上手な商売されてます。

お見事・・

 

 

全行程、8時間の旅。

高速にも乗らずに・・

入場料全てタダ。

安上がりの旅行でした。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

今日もクリックありがとうございます

もよろしくお願いします。