どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

MRI検査の結果は、なんと・・意外な結果

現在、夜中の12時。

また、変な時間に目覚めてしまった。

今ところ、私の体の中では6時間の時差があるようだ。

まぁ、12時間から6時間。

少しは進歩しているから良しとしよう。

 

昨日は病院でMRI検査。

CT検査と違って、長く時間がかかる。

さらに音がうるさい。

メキシコでMRIをとった時うるさかったのは機械がボロいのかと思っていたが、そうではなかった。

昨日は耳栓、さらにヘッドホンまでつけてのMRIだったが、変わりはなかった。

 

MRIはとっている間、ずっと土管のような中にいる。

実は私は閉所恐怖症である。

約1時間近くその中にいるわけだが、音よりその狭さの方が辛い。

 

MRIの検査の後、主治医の診察を受けた。

昨日渡したメキシコでのMRI画像と比較しながら、私の病院の方が機械が優れているだろうと自慢していた。

あまり、私の病気には関係なさそうだが・・

 

さらに、私が入院していたメキシコの病院の話になった。

昨日、私が帰ってから調べたという。

 

私が入院した病院はアメリカ資本の病院だという。

メディカルツーリズムに力を入れていて、アメリカ、カナダ、ヨーロッパから患者を受け入れているという。

カンクンにリゾートに来たついでに、病気を直しませんかという病院だという。

どうりでスタッフが外国人に慣れていたわけである。

さらに、病室は豪華だし・・

主治医に言わせると、私が払った180万円の医療費など、その手の人にとって安いものだという。

 

そんな話の後、本題の診察であるが・・

自分の判断では一時的な症状で大丈夫だという。

引き続き旅行を続けていいともいう。

ただ念のために月曜に脳外科の診察を受けるようにと紹介状が出た。

 

世界一周の旅行に復帰してもいい・・・

なんと・・・

もう旅行を諦めていたのだが・・

 

ウーーーーーン、どうしましょ・・

悩んでいます・・

 

 


ブログの最新記事