どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

メキシコでの入院生活はこんな感じでした

現在、夜中の2時。

まだ、時差ボケに苦しんでます。

 

昨日は病院へ。

久しぶりに主治医と面会。

メキシコで預かって来た診断書と画像データを渡した。

 

今回の顛末を話すと、すぐに一過性虚血の診断が下った。

画像データを見てもらうと、メキシコでの診断通り、頭の中は問題がなかった。

念のために、明日、日本でもMRIと脳外科の診察を受けることとなった。

 

主治医との話はメキシコの病院の話で盛り上がった。

二泊三日で、これだけの検査ができるところは滅多にないそうである。

すごいところに入院したのですねと感心された。

病院に払った百八十万円の話をすると、金持ち病院へ運ばれたのではないかという。

 

確かに、設備はすごかった。

 

まず病室・・

 

f:id:fabifuten:20180512020244j:plain
f:id:fabifuten:20180512020242j:plain

 

付き添いのためのソファーベットも用意されていた。

カミさんはここで寝ていた。

 

f:id:fabifuten:20180512020425j:plain
f:id:fabifuten:20180512020427j:plain


ベット以外の設備も充実・・

ホテル並みの洗面台。

手をかざすだけでペーパータオルが出て来ます。

 

日本では考えられない大きな便器。

メキシコ人のお尻のデカさに合わせてます・・

 

このほか、シャワー、タンス、金庫までついていた。

 

食事は1日5回。

朝食・・・

 

f:id:fabifuten:20180512020722j:plain

 

10時に果物の盛り合わせが出た後・・

2時に昼ごはん。

 

f:id:fabifuten:20180512020808j:plain

 

ステーキなど、肉料理が出ます。

 

四時ごろ、またフルーツの盛り合わせとヨーグルトのおやつ。

少し遅れて、7時頃に晩御飯と続きました。

 

部屋も広く、食事も美味しい。

 

ボタン一つですぐに看護師さんがやってくるし・・

やってくる看護師さん、みんなユニーク。

基本的にベテランが多い。

若い人が珍しいくらい。

性別は半々くらいで、中には、あっち系の人も・・

とにかく明るい人ばかり。

まぁ、極楽入院です。

 

しかし、やっぱり、入院は入院・・

点滴で縛り付けられているし・・

一番、ビビったのが薬。

 

とにかく大きいです。

大きいだけでなく、色が・・

 

f:id:fabifuten:20180512021337j:plain

 

主治医にも見てもらったのだが・・

まず、第一声・・

 

でかっ・・

 

スペイン語で書いているラベルを解読し・・

一言・・

悪い薬じゃないから、続けて飲んでおいてとのこと。

日本の薬に変えて欲しいのですが・・

 

さて、今日も引き続き病院です。

MRIの検査は狭いところに入るので苦手です。

結果はどうなることやら・・

頑張ろう♪( ´θ`)ノ

 

 


ブログの最新記事