どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

大部屋になって困ること

寝不足の朝である。

昨日より、新しい住人が増えた。

今度の住人はよく眠る。そして、いびきをかく。

昨夜はいびきの音であまり眠れなかった。

大部屋に移って、そろそろ一ヶ月が来ようとしている。

四人部屋であるが、昨日まで満室になることはなかった。

 

昨日から全てのベットが埋まった。

あんまり関係のないようなことなのだが、なぜか窮屈に感じるようになった。

私のいる病院の大部屋はカーテンがいつも閉じている。

そのため、大部屋全体が暗くなる。

一つベットが空いていると、そこだけは光が通るので明るい。

どうも暗い病室は苦手である。

 

カーテンを閉め切っているので、同じ部屋にいても会話がない。

挨拶すらほとんどない。

私は極力カーテンを開けるようにしているのだが、横の人は迷惑そうである。

その閉め切ったベットで何をしているかというと、ほとんどテレビを見ている。

と言うより、つけている。

見たい番組がない時もつけている。

なぜ分かるかというと、テレビがついているのにイビキが聞こえてくる。

 

昼間だけでなく、消灯後もテレビがつきっぱなしである。

夜は、カーテン越しに、テレビの点滅が気になる。

私のところまでイビキとともに、光の点滅が伝わってくる。

慣れるまで寝付けなかったが、これもだんだん慣れてきた。

 

カーテンを閉め切っていても音は筒抜けである。

聞きたくなくてもいろいろと聞こえてくる。

隣の人の病状だけでなく、面会の人との会話から家庭状況まで聞こえてくる。

時には経済状態までわかる。

入院が長くなると、聞こえてくるのは不満が多い。

病院のことに対する不満である。

看護師の振る舞いとか、治療方針とか、いろいろ不満を抱えているようである。

みなさん。いろいろ大変そうである。

 

今朝は暗い話ばかりで申し訳ない。

今、気持ちのいい朝日が部屋に入ってきました。

 

こんな話に付き合ってくれている方々に感謝しています。

 

ありがとうございます。

 

今日の写真は、爽やかに青空をバックに。

 

ススキというより、パンパグラスです。

パンパースの名前はここから来ているとか・・

 

f:id:fabifuten:20161020075216j:plain

 

 

今日も、お付き合いありがとうございました。

 

↓↓ よろしければ、クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村