どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

音がないと眠れない患者が入院してきた

どこかに行きたいなぁ



f:id:fabifuten:20181024161031j:plain

 

容態の悪かった爺さんが別の部屋ら移った。

その代わりに新しい爺さんが入院してきた。

なんどもここに入院していると、横柄な応対をしていた。

別に入院回数が多いからといって偉いわけではと思うのだが・・

前に入院した時はこうだったとか、若い看護婦さんに語っている。

 

なんかわがままそうな人だなぁと思っていたら、やはりそうであった。

昨晩からずっとテレビがつきっぱなしである。

イアフォンは使わない。

大きな音量ではないが、音は聞こえてくる。

見ているわけではない。

バックグランドの音として使っている。

 

音がないと眠れないのだろうか。

昨晩は、いびきとテレビの音のコラボであまりよく眠れなかった。

一度、夜中に看護婦さんが消したのだが、また朝四時頃からつけている。

なんとも騒がしい入院生活となった。

 

手術は一週間後なのだが、糖尿病をなんとかしないとできないようである。

そのためり事前入院である。

今は元気である。

暇なようでかなりイライラしている。

言葉の中にトゲが多い。

独り言も増えてきたようだ。

 

入院した時、奥さんが一緒であったが、すぐに帰っていった。

家庭でもいろいろ問題があるようである。

今までの経験上、この手の患者の入院生活はトラブルが多い。

どこかで、モンスターに変身しなければいいのだが・・

早く手術をして静かになって欲しいものである。

 

 


  にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ  に参加しています