どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

病院の大部屋はオムツの匂いが大変です



 大部屋の住み心地を決めるのはどんな同室者になるかである。

今いる部屋は四人部屋、現在全てベットが埋まっている。

しかし、まあまあ静かである。

今までいた部屋の中ではいい方ではないかと思う。

 

ただ、問題点がひとつ。

オムツ生活の爺さんが一人混じっている。

まだ六十代のようなのだが、オムツをしている。

歩けるのは歩けるのだが、トイレに一人で行くには足元がおぼつかない。

そのため、オムツをしている。

 

小の方は尿瓶を使って、オムツは大の方だけである。

たまに、ナースコールで「オムツ交換」と言っている。

夜中の時もある。

先日は食事の前にオムツ交換となった。

 

ちょっと待ってよ・・

オムツ交換すると、しばらく匂いが部屋にこもる。

時間を考え欲しいのですが・・

と言っても、彼としてはすっきりした後、食事をしたいのだろう。

 

交換しながら、看護婦さんと会話。

 

柔らかい?

形はどんな・・

 

食事前の会話ではないのですが・・

 

いやいや、参ったものです。

 

この爺さんの奥さん、結構曲者。

面会に来ては、大声のマシンガントークが続く。

 

うるさい時は、他の場所に避難するのだが、昨日は私の点滴中に登場。

あまりに鬱陶しいので、イヤフォンでラジオを聞くことにしたのですが・・

ラジオの音が婆さんの声にかき消されます。

なんで、病室で腹筋に力を入れて話さないといけないのだろう・・

声のボリューム調整機能が壊れているようです。

とほほです(ー ー;)