どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


リフォームが完成して、初めてのベット生活は最高です



買ってあったベットが届いた。

同時にいらなくなった家具がなくなった。

一気に家の中が広くなった。

いわゆる家具の断捨離である。

 

子供部屋を夫婦の寝室へというところから始まった今回のリフォーム。

一番メインとなるところが終わった。

後は、風呂場と洗面台の水回りだけとなった。

今までいろいろ事件もあったが、一応形になりつつある。

 

昨夜は最初のベット生活。

今までは、和室に布団を敷いて寝ていた。

さて、ベットでの寝心地はどうか・・

気になるところであった。

 

関連記事>>>>ベッドの買い替え予算・・マットレスの選び方が一番重要です

 

ベットのマットレスは硬めのものを選んでいた。

いざ届いて横になってみると、店で座った時よりか柔らかく感じる。

ひょっとして、違うマットレス・・て感じである。

特にあぐらをかいてベットの上に座ってみると、グッと沈み込む。

ベットに腰掛けた時とは違う感覚である。

 

店で体験しただけではわからないものである。

 

ベットのマットレス選びのコツ・・

ベットの上であぐらをかいてみる・・

今頃、気付いてどうするのって・・

まぁ、ベットを買う人がこの記事を読むかもしれないので、書いておこう。

 

さて、ベットの柔らかさ以外では、全く問題ない。

というより、満足の寝心地である。

今まで旅行で、いろいろなホテルのベットに寝てきた。

それらと比べても、上等の部類に入る。

やはり、頑張って高いのを買って正解だった。

30年使えるとのキャッチフレーズだから、少しお金を出しても安いものである。

 

ベットが新しくなったので、部屋に新しいカーテンをつけてみた。

雰囲気がどうなるのかよくわからなかったので、レースカーテンだけ買ってあった。

高いものではなく、ニトリで買ってきた。

業者に頼むと20万近くかかるカーテン。

他のところでお金を使ったので、カーテンは倹約である。

その安いカーテンでも、部屋につけてみると雰囲気が変わった。

 

この部屋は子供部屋として使われてもう20年。

かなり部屋はくたびれている。

細かなところをみると、汚れや傷みが目立つ。

壁紙などはいたるところが破れていた。

やっぱり子供は子供である。

部屋の使い方が乱雑である。

 

関連記事>>>>やっと決まった!定年後の家のリフォーム、さて予算はいくらまで?

 

その傷みが目立つ部屋が、壁紙をリフォームして、ベットとカーテンを変えることで、夫婦の寝室へ生まれ変わった。

満足の瞬間である。

ちょっとリフォーム代にかかったが、いい選択だったと思う。

 

ちなみに、この二つのマットレス・・

高いマットレスと普通のものと二種類。

どちらが高いかわかりますか・・

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします。