どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

プロの技が光る看護師さんに出会ってしまった


爽やかな朝を迎えています。

暑苦しい夜を過ごされた皆様、申し訳ございません。

私は、快適に病院リゾートを過ごしています。

 

その病院リゾート、さぞかし退屈かと思いきや・・

昨日は色々ありました。

 

本来は、眼科と脳外科の予約が入っており、入院していなくても病院に来る日。

受付はどうするのかと思ったら、看護師さんが済ませてくれました。

ベットで寝ていると、9時になり眼科からお呼びがかかったと看護婦さん。

一人で行けますか?・・とのこと。

 

まぁ、一人で行けといわれれば行きますが、一応人工呼吸器に縛り付けられた身。

普通は車椅子でとなるのですが・・

相手は新人看護師さん。

車椅子の申し出もなく、結局、一人で歩いて行くことに。

 

呼吸器を外してよろよろと、ナースセンターの前からエレベータで一階へ。

ここで誰かが気が付いてくれるかなと期待していたのですが・・

みなさん朝のミーティング中。

仕方なく、一人で降ります。

眼科は病院の端にあるので、エレベーター降りてからも50mほど歩きます。

 

よろよろたどり着いた眼科。

びっくりして、診察室の中に招き入れてくれました。

検査、診断も終わり、大丈夫ですかぁと眼科の看護婦さんに気遣われ・・

再度、同じ道を戻ります。

いやぁ、長いです。

かなり体力落ちているようで・・

せめて途中で倒れないようにゆっくり帰ります。

 

ベットに戻った時はぐったり。

ちょっとしたチャレンジでした。

血中酸素の値は90を切ってました。

しかし、逆に言えば頑張れば歩けると・・

次回は談話室まで脱走してみようと思います。

 

その後、点滴へ・・

これまた見かけない看護婦さん。

体についている針が詰まっているようで、液が入りません。

ちょっと待っていてくださいねといわれ・・

待つこと、2時間・・

 

昼ごはん前に気が付いたベテラン看護婦さん。

すみませんねぇと言いながら、急遽、針の差し替え。

ただ、私の体は長い入院生活のため、点滴の針がすぐには入りません。

色々探した末、見つかった左手首に針が入り、やっと昼ごはんです。

 

昼ごはんを食べていると、何か変・・

左手が膨らんできます。

まるでゾウさんの足のように・・

焦ってナースコールすると、看護師さんもびっくり。

針抜いたり、湿布したり大騒動。

 

その後、またしばらく放置プレーとなりました。

 

そして現れた見かけない看護師さん。

私に入れれない針はないという感じで登場です。

 

ハイ、横になってぇ・・

手を伸ばしてくださいねぇ・・

少し叩きますよ・・と数回パンパン叩いた後

少し、チクっとしますよというや否や・・

完了しました。

 

いやいや、鮮やか・・

素晴らしい。

まさにプロの技です。

 

たくさんの看護師さんが苦労した私の体。

一瞬で針を突き刺しました。

 

あのう、次回もよろしくお願いしたいのですがぁ・・

 

どこの部署にもいるのですねぇ。

プロの技を持つ人。

看護師さんの世界では小児病棟の人が上手とか。

久々、尊敬してしまう看護師さんに出会ってしまった。

 

元気になり、少し長めの記事に・・

ではでは。