どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


タバコくさい禁煙ルームも、住めば都かな



ホテル住まいが始まって、二晩が開けた。

ほんと、1日が長く感じる。

特に夜が長い。

夜が明けると、ホッとする。

そして、なんて我が家はいいのだろうと思っている。

 

関連記事>>>>一泊6000円のホテルで避難生活が始まった

 

ホテル住まいがいい、などとよく話を聞く。

しかし、実際やってみるとそんなものではない。

まぁ、いいホテルに泊まればそう思うのかもしれないが・・

ホテルの部屋で生活していると早く家に帰りたいと思う。

結構、陰気な生活である。

 

小説家などの物書きがホテルの部屋で缶詰になって原稿を書くなんて話を聞く。

これは地獄だと思う。

みなさん大変な思いをして原稿を書いているのだと、感心してしまった。

 

という私もホテルにいても暇なので、こんな風にブログを書いている。

まぁ、小説家とは比べ物にならないが・・

貴重な経験をしていると思う。

 

今いる部屋は最初入った時、陰気臭い部屋だなと思っていた。

しかし、少しずつ慣れたのか、あまり感じなくなった。

そして、タバコの匂いも最初ほど気にならなくなった。

慣れたのだろうか・・

それとも、実際に匂いが消えてきたのだろうか・・

 

隣の部屋は昨日一日中、ドアが開けっぱなしであった。

今いる階は禁煙フロアー。

どうもそれなのに、客がたばこを吸ったようである。

そのために、匂いを消すために一日中ドアを開けて、空気の入れ替えをしていたようだ。

ホテルの人も結構タバコに関しては苦労しているようである。

 

最近、ホテル全体を禁煙にしてるところが増えている。

特にアメリカでは多いようである。

まだ、日本では珍しいが段々と増えてくるだろう。

実際。JRの列車でも全車禁煙となってきた。

かつて、喫煙車両があった時、タバコを吸う人ですら喫煙車両に座るのを嫌がっていた。

そのため、禁煙車両は満席でも喫煙車両は空いていることが多かった。

タバコを吸っている人ですら、他人のタバコの煙は嫌がる。

時代の流れは、徐々に禁煙社会へとシフトしているようである。

 

さて、今の私のホテル生活。

もう少し改善できないかと考えている。

一番苦労しているのが、食生活。

近くにスーパーはあるので食べるものはある。

しかし、冷たいものである。

 

昨日は好物のバッテラをスーパーで買って来た。

普段なら喜んで美味しくいただくところだが、それほど嬉しくなかった。

やっぱり食事は温かいものがいい。

一緒にいなり寿司も買ったが、残ってしまった。

もう食べる気はしない。

 

災害などで避難生活をしている人が温かい差入れを喜ぶという。

本当にそうだと思う。

 

食事は手作りを家で食べるのが一番幸せである。

そんな当たり前のことを、今、再認識している。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします。