どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


アイデアが閃いた!たくさんの薬を忘れずに飲む方法



退院して10日経った。

日に日に元気になっている。

今までと違って、色々理由をつけて、極力外を歩くようにしている。

おかけで、呼吸する力もついてきたようである。

しかし、まだ早く歩くと息切れがする。

まだまだ、完全復活というところまでは行かない。

 

今度の入院では、いろいろ薬で苦労した。

胃が痛くなって苦しんだ。

そのためか主治医が出す薬が変わった。

しかし、相変わらず量が多い。

入院中もう飲まないと私が言うと、主治医に逆ギレされた。

「自分の体なんだから、しっかり飲んでください」と。

そう言うこと経過もあって、以前より少しは減った。

それでも量は多い。

 

薬の量も多いが、種類が多い

今までは毎食事ごとの薬の種類はそれほど変わらなかった。

しかし、今はかなり複雑になっている。

  • 朝昼晩と飲む薬・・2個
  • 朝夜と飲む薬・・2個
  • 朝だけ飲む薬・・9個
  • 寝る前だけに飲む薬・・2個

飲み方で4種類ある。

  • さらに吸引の薬が2種類。
  • おまけに緑内障の目薬も・・

 

これを薬の袋から出して飲むのは大変である。

ピルケースや薬カレンダーという方法もあるが、あまりにも種類が多すぎます。

そのため、ちょっと工夫をしている。

 

それは薬入れである。

といっても普通のものではない。

 

薬入れは大工道具箱 

ホームセンターに行って、釘などを入れるケースを買ってきた。

お値段は500円ほど。

その中に薬を分けて保存している。

 

こんな形のものである。

 

f:id:fabifuten:20181123211340j:plain

上段に朝だけ飲む薬

 

さらにその下にも・・ 

f:id:fabifuten:20181123211415j:plain

3回の食後飲む薬と寝る前に飲む薬と分けている。

毎食後、この中から薬を取り出して飲んでいる。

 

さらに、これに2種類の吸引の薬を入れている。

 

これだけの薬を飲んで体を安定させているわけである。

まるで、ロボットのような私の体である。

 

しかし、このケースを買ってから飲み忘れがなくなった。

いつもテーブルにこのケースが置いてある。

薬を飲むたびにこのケースを開けるというのが習慣になっている。

薬を取り出すとき、大工仕事をしているようで楽しい。

 

なぜ薬を飲むのを忘れてしまうのか・・

  1. 薬が多い
  2. 飲み方が複雑である
  3. 飲んだかどうか忘れる
  4. 食事の時間が不規則

 

このケースを使って、1、2はクリアーできた。

しかし、問題は3、4である。

 

食べた後、別のことをするとよく忘れることが多い。

ということは、食べる前に薬を用意する習慣をつければいい。

食べる前にケースから薬を出すということを習慣化させた。

 

そして、食後しばらくすると飲んだかどうか不安になる。

このチェックのため、飲んだ後しばらくは薬の残骸をテーブルの上に残すこととしている。

しかし、最後の食事の時間が不規則というところは課題として残っている。

 

現在、こんな感じで薬を飲んでいる。

以前に比べ、格段に飲み忘れが減った。

 

薬の飲み方のまとめ

自分の薬でなく、ご両親の介護で薬に困っている方、この方法はいかがでしょうか?

特に薬の種類が多い人にはいいかも。

 

薬は楽しなくっちゃ・・・

楽の上にくさかんむりだものネ。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もひと押しお願いします。