どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


イタリアの洗礼受けてます

チャオ・・

 

オラァからチャオに変わりました。

はい、ローマに着いてます。

フランスを飛び越えて、イタリアです。

 

さて、空港からローマ市内へ。

一応、私、鉄ちゃんですので、鉄道を選択。

さらに無駄にいい列車に乗ります。

着く時間はあまり変わらないのですが、一等車両のみの列車で優雅にローマ入場です。

 

f:id:fabifuten:20180622053521j:plain

 

ちゃんと、セルフの刻印もしましたし・・

ヨーロッパのシステムにも慣れて来ました。

 

一等だけですので、客も少なくゆったりできます。

しばらくすると車掌さん登場。

車掌が乗っているのなら、セルフの刻印いらないのでは・・

なんて思っていると、斜め前の家族に異変。

 

なんと、二等切符で乗ってました。

車掌さん曰く・・

違反ですから、50ユーロいただきますなんて言葉が聞こえて来ます。

英語だから、アメリカ人家族みたい。

 

先ほどまで、にこやかに団欒していた家族の顔がひきつってます。

息子などは父親を軽蔑の眼差しで眺めたりして・・

 

結局、車掌さんの温情で追加料金だけでこらえてもらったようです。

 

でも、あの家族、確信犯だと思う。

隣に大きく2と書いた列車止まっていたし・・

 

みなさん、お気をつけください。

イタリアでは真面目に車掌さん働いています。

 

さて、テルミニ駅について、タクシーでホテルに移動です。

タクシー乗り場に行って、ホテル名を言うと、10ユーロ。

ご冗談でしょ。

五百メートル先のホテルなんですが・・

 

拒否すると・・

歩いて行けと捨て台詞・・

おぅ、さすがイタリアですねぇ・・

スペインからガラッと雰囲気変わりました。

 

腹が立ったので、歩くことに・・

石畳、コロコロ転がすの辛いんですよねぇ。

やっぱり10ユーロ払っておけばと思いながら、ホテルに到着。

 

ホテルのフロントは一階にあると言うことで、エレベーターへ。

こちらでは一階は二階に当たりますから・・

 

そして、一階に到着すると、フロントありません。

フロントどころか、フロアーがありません。

ちょうど一階と二階の踊り場にエレベーターが着きました。

そこから、荷物を持って階段おります。

なんのためのエレベーターか・・

さすがイタリアです。

 

さて、チェックインして、部屋へ。

まぁ、安いホテルだから仕方ないのですが・・

セキュリティボックスが小さい。

と言うより、なかなか見つかりませんでした。

パスポートと財布を入れると、もう扉が閉まりません。

これは大事なものはしまうなと言う警告でしょうか。

やっぱりイタリアです。

 

f:id:fabifuten:20180622050748j:plain

 

日本で買ったヨーロッパ用のsimもイタリアで繋がりません。

まぁ、安いから文句は言えませんが・・

ホテルのネットも部屋に届かず、simを買いにテルミニ駅へ。

 

入った店が、これまたイタリア時間。

のんびりのんびり時間が流れていきます。

simを手に入れるのに一時間かかりました。

 

さっそくイタリアの洗礼受けまくりです。

今日はのんびりローマの休日なんて思っていたのですが・・

もう、ぐったり疲れました。

 

 夜は食べに出かける気力もなく・・

スーパーで買った丸鳥にかぶりついていました。

5ユーロですが・・

これがまた美味しくて・・

やっぱりイタリアです。