どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

REGIOJET鉄道で一人旅、ウィーンからプラハへ



今日は久しぶりにひとり旅。

別に夫婦喧嘩したわけではありません。

 

ハンガリーからオーストリア、そして、チェコと安上がりの移動をしています。

この3ヶ国の移動を一人24ユーロで済ませました。

二人分でも50ユーロしません。

 

その原動力がREGIOJET。

チェコの民間の鉄道会社です。

オフィスを持たず、チケットはネット販売。

省力化で運賃を下げています。

 

かといってサービスが悪いわけではありません。

バスや列車では水やコーヒーが無料で配られます。

車内では、高速wifiが使えます。

安い、快適、早いの三拍子揃った会社です。

 

ただ、そのため人気が高く、チケット早く売り切れます。

今日のチケットは前日に買ったもの。

そのため、席が3号車と6号車に別れました。

それで、ひとり旅となった次第です。

 

f:id:fabifuten:20180708050803j:plain

 

今日の列車のひとり旅。

チェコの風景を楽しみながらの4時間。

よかったです。

北海道の美瑛の丘がずっと続いている感じです。

時々現れる村がまた美しい。

満足の列車の旅でした。

 

ただ一つ残念なことが・・

同じ列車にクロアチアのサポーターが乗車。

酒を飲んで大騒ぎ。

更にタバコは吸うは・・

車掌がno smokingと言っても笑って誤魔化すばかり。

集団心理でしょうか。

やりたい放題でした。

 

到着したプラハの駅。

噂に聞いていましたが、ぼったくりタクシーでした。

タクシー乗り場で料金を聞くと、25ユーロ。

高々1キロちょっとの距離です。

まぁ、歩けない距離でもないのですが、プラハの街は石畳の道。

コロコロを転がして歩くのにはきついです。

楽しようと、タクシーを考えたのですが・・

ちょっと信じられない料金。

 

呆れて、やっぱり歩くことに・・

すると、運ちゃん、追いかけて来て、10ユーロでいいという。

それでも高いのですが・・

移動で疲れてたので、それで了承。

 

f:id:fabifuten:20180822212017j:plain

 

 

日暮れに合わせて、モルダウ河へ。

チェコに来たら、まず見たかった風景。

太陽が沈むのを眺めながら・・

よくここまで来たものだと・・

元気になってよかった・・