どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


メキシコシティでの洗濯はラバンドリアで



おはようございます。

こちらはメキシコ時間6時です。

昨夜更新しようと思ったのですが、ビールを飲んでそのまま寝てしまいました。

 

昨日、プエブラからメキシコシティに移動して来ました。

さらに高度が上がり、2400m。

気のせいか空気が薄く感じます。

歩くと疲れやすく、ビールも早く酔いが回ります。

酒飲みには安上がりの町です。

 

関連記事>>>>プエブラ図書館の後はADOバスでメキシコシティへ

 

さて、メキシコシティに来て、まずすることは・・

洗濯です。

少しはカミさんが洗っていたのですが、かなりの量の洗濯物が溜まってます。

ホテルに洗濯機があるかと期待したのですが、なし。

ランドリーサービスの値段表を見ると、靴下ですら100円。

 

関連記事>>>>メキシコシティの三つ星ホテル リッツ はソカロに近い

 

これは無理だと、コインランドリーを検索したのですが・・

見つかったのは数キロ先。

 

それを検索している時に一緒にでききたのが、ラバンデリアという言葉。

どうも洗濯屋さんという意味のようです。

 

アジアを旅行していた時は、いつも洗濯屋に頼んでいた。

一キロで大体300円くらいなので助かっていた。

 

近くの店を調べて見ると、ホテルから800mくらいのところにあると出た。

これは行くしかないと、少し下町っぽい通りを歩いて行った。

グーグルさんが教えてくれた場所にたどり着くも店の姿なし。

今までも色々グーグルさんには泣かされている。

これ、ガセネタかも・・

 

念のため、鍵屋の爺さんに聞いて見ると、あるという。

左に進み、さらに左と手で示す。

 

言われるままに進むが、左に曲がる道はない。

どうもビルの中へ入るようである。

 

適当なビルに入り、そこでラバンドリアと聞くと、やはり同じゼスチャー。

これは確実にある・・

その次のビルの中で聞くと、英語がわかるかと聞くので、イエスというと・・

フォーティツーと返ってきた。

 

42???

 

すると、カミさんがビルに数字が書いているのを見つけた。

なるほど、ビルの番号を教えてくれたようである。

 

f:id:fabifuten:20180424210307j:plain

 

少し歩くと、確かに42の文字。

そこに入ると、中には数軒の店が入っていた。

しかし、その中には洗濯屋さんなし。

 

その一軒の店主にラバンドリアと聞くと、階段を上がれという。

二階に行くと、数台の洗濯機が置かれている店を発見。

 

やっと見つけた。

しかし、店主不在。

自分で洗濯せよということか・・

 

悩んでいると、主人が戻ってきた。

袋に入った洗濯物を差し出すと、三日後にできるが、それでいいかと言う。

了解すると、重さをはかり、預かり証をくれた。

 

完了である。

 

帰り道、鍵屋の爺さんが最高の笑顔で見送ってくれた。

 

それにしても、スペイン語分からないのに意思疎通できるものである。

お互い、人間。

なんとかなるものだ。

 

関連記事>>>>洗濯屋(ラバンドリア)の後は、レフォルマからソカロ観光

 

意外に早く洗濯問題が解決したので、その後はホテル周辺を観光。

結局昨日は14キロ歩いていた。

 

途中、しょぼい日本人にもあったが・・

日本人同士の方が会話できなかったりして・・

この話は後ほど・・

 

 

詳しい旅行記はこちら・・

futen.net

 

futen.net

futen.net