どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


メキシコシティ、人類学博物館にて想うこと

疲れ気味の朝である。

旅行に出てから一週間が過ぎた。

疲れが溜まってきているのかもしれない。

刺激が強いのでテンションが上がってしまう。

無理をしているのだろう。

 

それと、田舎者にとって人混みも疲れるところである。

特にメキシコシティーに来てからは人に揉まれて動いている。

 

昨日は、満員の地下鉄にも乗った。

噂で治安に問題があると聞いていたので緊張していた。

しかし、乗っている人は親切で乗り換えを教えてくれたりする。

少なくとも東京の地下鉄より楽であった。

 

メキシコに来て思うことだが、人が優しい。

何がしら、助けられて生活している。

 

昨日のお出かけ先は国立人類学博物館。

有名な太陽の石、アステカカレンダーがあるところである。

三十年前、ここの博物館の屋根に圧倒された記憶がある。

 

昔の旅日記にはこのように書かれている。

 

一流ホテルかと見間違えるようなロビーを通り中庭にでると、一本の柱に支えられた50m四方もある大きな屋根が目に飛び込んできた。

メキシコの人には失礼だが、こんなにすごいものがここにあっていいのだろうか?と感じてしまった。

その柱は直径5m程しかなく壁を伝わって水が流れ落ち、まるで噴水が大きな屋根を空に押し上げているように見える。

UFOが頭の上に浮かんでいるようである。

 

残念ながら、屋根は工事中で周りを壁で囲まれていた。

噴水も止まっていた。

 

少し残念であったが、アステカカレンダーは相変わらずの迫力を持って迎えてくれた。

 

f:id:fabifuten:20180425210650j:plain

 

ここに4時間ほどいただろうか。

広い博物館を全て見た。

見るもの見るものがすごく、気持ちにマンネリ化して来た。

 贅沢な話である。

 

さて、今日はどこに行こうか・・

今、朝の7時を過ぎた。

カミさんはまだ寝ている。

かなりお疲れのようである。

テオティワカンの遺跡に行って見たいが・・

今日は休息日にした方が良さそうである。

 

 

futen.net