どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

ブラジルから友来たる



ブラジルから友人が帰って来た。

家を出てから40時間かかったという。

地球の裏側から、ご苦労様である。

 

お土産はプロポリス。

本場のプロポリスである。

今回はしようが入りとざくろ入りをいただいた。

 

f:id:fabifuten:20180408062023j:plain

 

お礼にカミさんが日本料理で歓待した。

運よく昨日はカツオの刺身が手に入った。

カツオの水揚げが始まったとニュースで聞いたばかりである。

 

昔、カツオの刺身が美味しいので、土佐の殿様がカツオを刺身で食べるのを禁止した。

そのため庶民は表面だけ焼いて、タタキが生まれたという。

それくらい、カツオの刺身はうまい。

ただカツオはすぐ味が落ちるので、漁港の近くでしか食べれない。

そのため、食べたことのない人も多い。

 

彼もそうだった。

美味しい、美味しいと食べてくれた。

 

彼が帰国した理由は歳とった父親と過ごすため。

一ヶ月ほど日本にいる。

 

彼の父はかれこれの歳である。

そして、今は一人暮らし。

心配なので、年に二回ブラジルから帰ってくることにしたという。

すごいというか・・・

地球の裏側から年に二回・・

言葉がない・・

 

この前訪ねて来たカナダ人も年に二回里帰りをする。

遠くに住む人ほど親孝行なのかもしれない。

 

↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます

もよろしくお願いします