どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


ポカラ、レークサイドのラッシーには気をつけよう

昨日一日中のんびり過ごした。

おかげで私の体調はよくなった。

昨晩は呼吸が苦しくなく気持ちよく眠れた。

 

疲れを取るために、全てのアクティビティをパス。

午前中はダルバート料理を日本に帰ってからも食べれるように、調味料探し。

ホテルの集まるレイクサイドではなく、ダウンタウンへ。

 

f:id:fabifuten:20180309071543j:plain

 

乗り方はわからなかったが、とりあえず乗って、適当に降りた。

料金は額の少ない紙幣から順番に渡した。

二人で三十円。

周りの人も同じ紙幣で払っていたからぼられなていない。

 

街の食料品店で店員に教えてもらいながら、調味料を5種類ほど調達。

これで家に帰ってもダルバートが食べれる。

 

午後はレイクサイド周辺を散歩。

途中、湖を見ながら優雅な食事。

食べ物だけでなく、飲み物にラッシー発見。

インド以来である。

 

食後、湖に浮かぶヒンズー教寺院をお参り。

同じ船に乗った子供からガン見された。

ポカンと口が開いていた。

私の顔がよっぽど珍しかったようである。

 

夕方は所持金がなくなってきたのでATMへ。

大金を持ち歩くのが嫌だから、少しずつ下ろして使っている。

一回の出金額、10000ルビー。

約一万円。

これでも私にとっては大金なんで、カミさんと二人で分けて持っている。

 

暗くなってきたので夕食をと考えていると・・

カミさんの調子が悪い。

下痢である。

 

かなり強烈のようでトイレの回数が半端でない。

今回の旅行は病み上がりということで、全ての食事はレストランで食べている。

二人同じものを食べているから、原因は・・

思い当たるのは・・

 

ラッシーがあやしい・・

 

カミさんはトロピカルフルーツのラッシーを飲んだ。

私はプレーンラッシー、普通のやつ。

カミさんが珍しく美味しくないと残した。

 

カミさんが下痢になって、寝込んでしまったので、ポカラ最後の食事は部屋食。

ホテルでパンケーキを作ってもらった。

 

さて、今、まだ夜が開けていない。

カミさんは寝ている。

 

今日はバスでカトマンズに移動。

大丈夫かいな・・