どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


幸せというものは、疲れるものである

昨日は田舎に行った。

田舎は車で二時間ほどのところにある小さな漁村である。

 

futen.net

 

病気をしていたので三年ぶりである。

久しぶりに見た海の景色はやっぱり落ち着く。

昭和の時間がいまだに流れているところである。

 

f:id:fabifuten:20180103052229j:plain

 

昔はよくこの船の上から魚を釣ったものである。

 

田舎では爺さん、婆さんを囲んでの宴会となった。

私が家に入っていくと、爺さんは婆さんに、この人誰だと聞いたと言う。

長い病気のためか、私の雰囲気が変わったようである。

 

カミさんは、シワが増えたねぇと言われていた。

看病をそれだけしたと言うことだから、勲章であると、婆さんは言っていた。

返事に困る微妙な感想である。

 

宴会はにぎやかであった。

私が酒が飲めるようになったと喜んでくれた。

しかし、数センチ飲むたびに、コップに並々と日本酒を注がれて困った。

まぁ、その度に飲んでいたが・・

 

行きは私が運転したが、帰りはカミさんの運転で帰った。

高速はすでに渋滞が始まっていた。

 

家に帰ると、どっと疲れが出た。

静かになった家がさらに疲れをよんだ。

田舎も静かになって、疲れが出ていることであろう。

祭りの後の寂しさと言うか・・

久々の正月気分・・

 

幸せというものは、疲れるものなのかもしれない。

 

さて、今日は病院である。

初めて、中三日空いた。

傷口はどうなっているだろう・・

正月最後のイベントである。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

もよろしくお願いします。

今日もクリックありがとうございます