どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

患者が増えて、一気に病室の環境が悪くなった

どこかに行きたいなぁ



f:id:fabifuten:20181024163841j:plain

 

疲れた朝である。

夜汽車で寝たような感じである。

まだ、体も頭もボーとしているが,もう寝る気もおこらない。

 

昨日、二人の患者が増えた。

そのうちの爺さんの容態が非常に悪い。

入院した時は、6人くらいの人に囲まれてやってきた。

医者が容態を確認している間、周りで、ワイワイガヤガヤ。

うるさくて、医者が外に出て行ってくださいというくらいである。

 

その後、診断が終わり、点滴が始まると、蜘蛛の巣を散らすようにみんないなくなった。

なんだったんだろう。

一人も付き添いがいないので、その後看護婦さんは入院書類の確認とか困っていた。

 

爺さんは、一度入院していたのだが、治療を諦めて在宅に変えたようである。

しかし、限界がきたようである。

そのための緊急再入院のようである。

治療はしないようで、痛みだけ取ると医者が説明していた。

 

夜中、痛みで苦しんでいた。

麻薬系の痛み止めを使っているのだが、なかなか効かないようである。

消灯後、度々看護婦さんをよんでいた。

その度に部屋が明るくなる。

何回、夜中に目が覚めたことだろう。

 

もう一人の新しい患者も眠れないようで、夜中中テレビを見ていた。

部屋の天井の明かりがネオンサイン状態である。

これも結構気にかかるところだが、まぁ長い入院生活、慣れている。

 

これで本来の病室の姿に戻った。

今までの大部屋独り占めは快適すぎた。

これからは、この環境で耐えていかないといけないのであろう。

 

 


  にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ  に参加しています