どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

歳をとると、人を騙すのが上手になる

隣の爺さんはよく眠る。

消灯前からいびきをかいて寝ている。

そして、夜中の1時に起きる。

 

ナースコールで看護婦さんを呼んで、眠れないと嘆く。

そして、薬をもらって、また眠りにつく。

 

5時半、目覚ましがなる。

どうして、目覚ましをかけているのか理解できない。

さらに、鳴っても起きる気配はない。

10分ほどアラームが鳴らしたあと静かになる。

その後、いびきだけが聞こえてくる。

 

朝、回ってきた看護婦さんに眠れましたかと聞かれ・・

 

よく眠れないと答えている。

 

横で寝ている私としてはよく寝ていると思うのですが・・

それより、夜中の1時と5時半に起こされる私の方が寝ていないと思うのだが・・

 

隣の爺さん、かわいそうな人を演出するのが上手である。

夜眠れなくてかわいそうな爺さん・・

そんな姿を演出している。

 

そろそろ歩けるようになっているのに、まだトイレで用を足さない。

毎日、リハビリで自転車を漕いでいるという。

尿瓶とオムツ生活、そろそろ卒業できるのでは・・

 

隣で、いろいろな匂いを嗅がされるものとして、切にお願いしたい。

頑張ってね、爺さん(^O^☆♪

あなたはもう十分元気です。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

今日もクリックありがとうございます


PVアクセスランキング にほんブログ村