読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

明けない夜はない

まだ夜が開けない。

冷たい雨の朝である。

談話室から、真っ暗な空を眺めながら、コーヒーを飲んでいた。

明けない夜はない。

必ず夜は開ける。

そんなことを考えていた。

 

ICUにいた時は、夜が開けなかった。

部屋に窓がなかったからである。

寝ても、寝ても夜が開けない毎日であった。

管が喉に入っているので、話すこともできない日が続いた。

メッセージボードを使って、大きな掛け時計を持ってきてもらった。

その時計が6時を指すとき、夜が開けていた。

ふと、こんなことを思い出していた。

 

 

止まない雨はないさ・・

 

明けない夜はないさ・・

 

サザンのアロエを口ずさみながらの朝である。

 

11月の下旬は、私が一年で一番暗くなるときである。

この時期、人生で一番辛いことがあったからである。

そのとき、1日1日、少しずつ前に進んでいれば、必ずいいことがあると言い聞かせていた。

 

昨日は気分転換に家に帰っていた。

暗い気分を吹き飛ばすには、美味しいものを食べるに限る。

昼はカツ丼を食べた。

そして、夜はステーキをリクエストした。

 

f:id:fabifuten:20161127065741p:plain

自分では買わないような肉をカミさんが買ってきた。

カミさんも自分が食べるのだったら買わないと言っていた。

と言っても、一枚800円の輸入肉である。

 

昨日は子供一人、大阪のコンサートに行っていたので4枚買った。

我が家の食費の予算としては、とんでもない出費である。

結局、二枚焼いて、残りは今日の夕食にスライドした。

 

ステーキは自分で焼くのが基本である。

しかし、昨日は焼き方だけ指示をして、カミさんに焼いてもらった。

まず、強火で両面を焼いて、その後、弱火で焼く。

この弱火の時間が微妙である。

安い肉のときは、早めに焼いて、レアで食べる。

いい肉になると、ミディアムにする。

昨日は、ミディアムであった。

 

今日のランキングバナーは、雨の日に見つけた一枚。

この記事を書いている間に、夜も明け、雨も止んだようである。

 

↓ ↓よろしければクリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

いつも応援ありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村