どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

立場が変わると、見え方も変わります

昨夜は雨であった。

そのため、スーバームーンは見れなかった。

多分そうなると思ったので、一日前のスーパームーンを見ておいた。

確かに大きかった。

でも、月が大きくなったわけではなく、大きく見えるだけだからそれほど大騒ぎするほどのものではない。

 写真は以前撮ったスーパームーンのものである。

 

f:id:fabifuten:20161115080713j:plain

 

雨上がりの今朝、いつものようにコーヒーを飲んでいた。

以前、お茶だけ汲みに来た婆さんを見かけた。

同じような服装で、同じように水筒に汲んで帰った。

違ったのはお茶だけでなく、紙コップも余分に持って帰った。

病院の人にも「おはよう」と挨拶をして、悪びれる様子もない。

今日こそは確かめようと、窓から一階の受付付近を見ていた。

まだ、受付付近は7時前なので真っ暗である。

しかし、渡り廊下のところに電気が付いていた。

そこを見ていると、婆さんがそこにやってきた。

連れがいるようである。

連れに水筒が入ったバックを渡した。

病院に爺さんでも連れて通っているようである。

受付が開くまで、まだ一時間以上ある。

ご苦労様である。

 

病院にはいろいろな人がやってくる。

多いのは見舞い客である。

昨日はなぜか子供連れの見舞い客が多かった。

子供と言っても一、二歳の子供である。

この頃の子供はうるさい。

特に躾ができていない子供の扱いは大変である。

普段から躾ていないので、名前を呼んでも親のところに戻らない。

犬でも呼んだら戻ってくるのに・・

自由に徘徊している。

放し飼いである。

親は患者との話に夢中である。

ある子は、非常口と書いた案内板をケツっている。

電気が付いているので面白いのであろう。

なかなかよその子は叱れない。

年寄りの患者にとって孫の姿を見れるのは一番の見舞いである。

ただ可愛いのは自分の孫であって、躾のできていない他人の子はうるさいだけである。

隣の住人は自分の孫がやってきた時は泣こうが、騒ごうが大喜びであったが、昨日は「うるさい」とつぶやいていた。

立場が変わると、見え方も違うようです。

 

隣の窓際の住人が今日、退院である。

物静かな白髪の紳士である。

中庭の落ち葉を拾ってきて、秋を楽しんでいた。

歳は八十二歳、奥さんも物静かな方である。

こんな人ばかりなら、入院生活も楽になるのだが・・

私もこんな風に歳をとりたいものである。

 

今日のランキングバナーも京都で撮ったもの。

落ち葉まで、おしゃれです。

 

↓ ↓よろしければクリックお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

いつも応援ありがとうございます。


ブログの最新記事