どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

夜が明けたぜよ


緊急事態宣言が解除されるという。

まだ、一部の地域は残るが、日の光は見えてきた。

暗いトンネルの出口が見えた。

 

1ヶ月ほど、みんなで頑張れば感染者数が減るのが分かった。

返すがえす悔やまれるのは、もっと早くから自粛生活に入れなかったのかと。

習近平の国賓招致、オリンピック問題。

この二つのために、緊急事態宣言が出るのが1ヶ月以上遅れた。

そのために死ななくていい命が数多く失われた。

悔やんでも悔みきれない現実である。

 

国民の自粛によって、感染者数を減らすことができた。

これは、死をもって恐ろしさを伝えてくれた人のおかげだと思っている。

死者数が他の国に比べ少ないと政府の成果を語る人がいるが、それはおかしい。

緊急事態宣言を出すのがもう少し早ければ、もっと減らせたはずである。

そのことをよく反省の上、緊急事態宣言の解除を発表して欲しい。

 

亡くなった人の命は戻ってこない。

しかし、その命の大切さを伝えることは今でもできる。

過去の反省こそがその人達に向けての供養となる。

政府の発表でこの事が語られるか、よく見ておきたいと思う。

 

今はまだ夜明けの黎明期。

日が高く登ったわけではない。

反省がなければ、また同じことを繰り返すだろう。

今回の騒動の本番は今年の秋から冬にかけてという人もいる。

まだまだ油断はできない。

さらに犠牲者を増やすことのなきよう、世の政治家は動いて欲しい。

国民みんなが笑って生きていける日を願って・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ