どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

コロナ騒動で株の取引に思うこと


株が一気に上昇した。

歴代では十位以内に入るという。

景気の良い話で明るいニュースだ。

ただ心配なのが、株価が日本の経済を反映しているのか。

その点が心配だ。

 

かつて、リーマンショックの時、株が暴落した。

その後、持ち直して株が急騰。

私もそれにつられて買った。

しかし、しばらくしてまた一気に暴落。

大きな損をした思い出がある。

 

ましてや、この時期、年度末。

配当や株主優待の権利が手に入る。

これを目的に株を買っている人も見受けられる。

さらに、現在、アメリカさんは大変なご様子。

日本まで手を伸ばす余裕がない。

アメリカドル不足で、円も買えず。

外資が手仕舞いしている。

 

アメリカも落ち着き、日本に外資が参入してくるとどうなるか。

買いから入ってくれれば、株価があがるが、そうとは限らない。

売りから入ると、取引の七割ともいわれる外資。

一気に暴落である。

 

もう一つの気がかりは政治の介入。

本来の株の取引は自由経済が基本。

しかし、今の時代は政治が絡む。

 

アメリカ株はトランプ大統領の匙加減次第。

日本も然りである。

株価は政府が決定しているようなものだ。

 

その動きに投資家が右往左往。

さらにAIが絡む。

もう本来の経済市場ではない。

株式市場はカジノのような有様である。

 

こんな値動きの激しい時は、高みの見物にかぎる。

君子危うきに近寄らず。

株を見ず、桜を眺めているのが良いようだ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ