どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです


ゆで卵が爆発して電子レンジが壊れた


一月は行く、二月は逃げるというが、もう月末である。

ペトナム旅行から帰って、もう10日たった。

早いものである。

 

そんな中、昨日我が家で事件が起こった。

電子レンジ爆発事件である。

爆発したのは、ゆで卵。

場所は電子レンジの中である。

おでんをレンジで温め直していた。

その時、ボンという大きな音がした。

あっやばい・・と思ったが・・

以前にも同じように、ゆで卵が割れた時があったので、大したことないと思っていたら・・

 

f:id:fabifuten:20180129063121j:plain

 

電子レンジの底が割れていた。

ゆで卵がどんぶりの中で飛び上がった時、どんぶりが底を割ったようである。

 

詳しい現場状況はこうである。

おでんを温めようと、どんぶりに入れて、さらにその上にラップをかけた。

温めている時、どんぶりの中でゆで卵が爆発・・

その衝撃で、おでんが上に飛び散ろうとしたのだが・・

そこにはラップがある。

そのラップのために、その力はどんぶりを上に持ち上げた。

そして、レンジの上に浮いたあと、下に叩きつけられたようである。

硬いセラミックの底が見事に割れた。

 

器がしっかりした砥部焼きだったからかもしれない。

 砥部焼きは、厚くしっかりしている。

さらに、重たい。

 

できれば器の方が割れて欲しいのだが・・

電子レンジのセラミックの方が負けてしまった。

 

電子レンジの底板を取り替えると言っても・・

買い換えた方が良さそうである。

我が家では年末に何かが壊れる。

今年は無事に通過したと思ったら・・

年明けに壊れた・・

 

余分な出費である。

 

事件を起こしたカミさんはいう。

十年使ったから、そろそろ買い換えの時期である。

子供も大きくなったから、小さいのに買い換えてもいい。

 

理由はついた・・

 

電子レンジの買い換えである。

 

近くの電気屋は今、決算セール中。

世の中うまくできているものだ。

 

そして・・電子レンジが届いた

 

関連記事>>>> 知らないうちに、電子レンジの機能が進化していた -

 

www.futen.xyz