どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

嘘が嘘を呼ぶ

十二月とは思えない暖かさの後、また、冬が戻ってきた。

病院の庭に出てみると、ほとんどの木々が葉を落としていた。

昨日の嵐でもう一枚も葉が残っていないであろう。

冬の寂しさを感じる朝である。

 

f:id:fabifuten:20161224073640j:plain

 

昨日、隣のう○この爺さんが退院した。

入院当初、90歳と紹介した爺さんである。

入院してすぐウ○コの匂いを撒き散らした爺さんでもある。

しばらくしてわかったことだが、90越えと思っていたのだが、実際は74歳であった。

歩く姿は杖をついてフラフラ歩く。

話す声もか細い。

そして、話す内容はボケまくっている。

70でもここまで老けるものかとびっくりした。

 

前日、医者との話で翌日退院と決まっていた。

ボケた爺さんでは話にならないので、奥さんが来たら連絡するようにと爺さんに伝えていた。

その後見舞いに来た奥さんと退院を喜んでいた。

しかし肝心な医者の伝言は忘れていて、奥さんを勝手に帰してしまった。

しばらくして医者が戻ってきた。

どうして奥さんが帰ったかと聞いた。

爺さん、体調が悪いから帰ったと誤魔化した。

 

一気に話が変わった。

奥さんの体調が悪いのなら、退院しても奥さんが大変になるだけだ。

月曜まで退院延期となった。

 

かなり落ち込んでいた。

退院延期になってから一切食事に手を出さなくなった。

翌朝、奥さんがやってきた。

爺さんは奥さんに嘘を言って退院を強行しようとした。

その話を聞いた医者が飛んできた。

退院はダメですと冷たく言った。

 

奥さんの泣きが入った。

退院させてくださいと泣きついた。

 

退院延期は奥さんの体を気遣ってだからと、なんとか退院が許可になった。

 

横で聞いていてどうなるのかハラハラした。

特に退院の強行突破をしようとした時は、びっくりした。

 

この奥さんはよくできた人である。

爺さんの尻拭いを何回もしてきたであろう。

実際、今、手がしびれてケツを拭けなくなっているので、ウンコの度にトイレについていって拭いている。

退院の際、爺さんは知らんぷりして退院して行ったが、奥さんは丁寧に挨拶して行った。

ご苦労様である。

 

 

今日はクリスマスイブ。

↓ ↓よろしければクリックお願いします

 にほんブログ村 シニア日記ブログへ

応援ありがとうございます。


PVアクセスランキング にほんブログ村