どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

醤油差しの蓋の外し方が素晴らしい

昨日、長く使ってる醤油差しの蓋が取れなくなった。

 

f:id:fabifuten:20180214063802j:plain

 

この醤油差し、優れもので、垂れない醤油差しである。

昔、札幌で買ったものである。

かれこれの年代物である。

 

今まであれば、お湯をかけて外していたのだが、今回はうんともすんとも言わない。

摩擦を減らすために、隙間に洗剤を入れたのだが、これでもダメ。

ひょっとしたら、同じように困っている人がいるのではと検索をかけてみた。

 

すると、なんと、懐かしい名前のページが現れた。

 

www.kitaichiglass.co.jp

 

この前の北海道旅行で訪れた店である。

実は、今使っている醤油差しもここで買ったもの・・

 

垂れない醤油差しというキャッチフレーズで売っているだけあって、それだけ蓋も固まりやすいようである。

 

そのページを読むと、まず、瓶ごとお湯の中につけるとある。

熱湯は破れる恐れがあるから、ぬるま湯がいいらしい。

 

その後もしばらくして、瓶を下向きにして蓋を叩けとある。

その際、下にタオルをおけと書いてある。

 

よく理解できないが、とにかく下を向けて蓋の部分をすりこぎでコツコツ叩いてみた。

 

すると・・

 

なんと・・

 

すぐ外れた。

 

あれだけ、力任せに頑張ってもダメだったのに・・

 

コツコツと軽く叩いただけなのに・・

 

コロンと蓋が取れた。

 

なるほど、下にタオルを置いてという意味もわかった。

突如として、蓋が抜ける。

下が硬かったら、蓋は割れたかも・・

 

それにしても、素晴らしい外し方である。

 おかげで幸せな一日であった。

 

 ↓ ↓よろしければ応援クリックお願いします  

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

もよろしくお願いします。

今日もクリックありがとうございます


ブログの最新記事