どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

豚汁の食べ方にこだわりが・・おこげの炊き込みご飯とあと一品・・

どこかに行きたいなぁ



おはようございますの第二弾。

本題のブログ更新を・・

さきほどあげたパソコン周辺機器の記事は長くなったので、途中で切りました。

本来は、これを今日書こうと・・

 

昨日は寒い一日。

そうなると、体の中から暖めようと昼ごはんから活動してました。

というのは、私、冷えた炊き込みご飯が好物で・・

さらに、そのお焦げが大好きです。

そのため、昼前に炊き込みご飯を・・

そして、半分を食べて残りは冷蔵庫へ。

 

まず、昼ごはんの炊き込みご飯の食べ方は・・

卵焼きとともに頂きました。

なんでもない塩味の卵焼き。

これと炊き込みご飯の相性が抜群。

さらに、おにぎりにしてノリで巻くとさらにレベルアップ。

しかし、昨日はそこまでしないで、卵焼きだけで。

 

 

そして、晩ご飯は豚汁とともに。

豚汁といっても具材でいろいろ変わります。

我が家の場合は根菜類が主人公。

 

まずは里芋。

これがまずは主役。

そして、脇役にゴボウと人参。

これが味を引き締めてくれます。

 

それに加えて、豆腐なのですが・・

昨日は厚揚げを入れてみました。

そして、最後は豚肉を投入して完成です。

 

 

私の子供の頃、豚汁といえば、一汁一菜ではなく、一汁オンリー。

豚汁が大きな銀鍋に入れられ、食卓へ。

豚汁だけでご飯食べていました。

まぁ、典型的な昭和の食卓です。

 

子供心に、味の濃いものがあと一品あればいいのにと・・

沢庵などの漬物が欲しいなと。

いつも豚汁がメニューのときは考えていました。

 

その時、冷蔵庫の中で見つけたものが昆布の佃煮。

弁当の隅っこにおまけで入っていたもの。

もう少しおかずが欲しいときに活躍する代物です。

 

これをいつも隠れてこそこそと食べていた記憶が。

今なら大手を振って堂々と食べれます。

 

という事で、昨日はお焦げたっぷりの炊き込みご飯と豚汁・・

さらに昆布の佃煮と。

昔懐かし、豪華な晩ご飯の食卓となりました。

 

まぁ、こんなもので幸せ感じられるのは、子供の時の貧しい生活のおかげ。

今の飽食の時代ではなかなか難しいかと。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
ごちそうさまでした ( ^ω^ )


  にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ  に参加しています