どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

自作離島オランゴ島ツアーは超過密スタイルに・・ホワイトサンドビーチ楽しめました

どこかに行きたいなぁ



午前中、二重払いで500ペソ損したので、落ち込んでお昼の食事をとっていると、仲良くなった英語堪能な若者登場。

先ほどまで、寝ていたとか。

さすが若者、よく眠れます。

朝早くから目が覚めるシニアとはそこが違うところで・・

 

食事をしながら朝の出来事を・・

そして、昼からはフェリーに乗って離島へ行ってみようと言うと、ご一緒させてもらえないかと。

ただ、他にも部屋で燻っているものがいるとのことで声かけしていいかとのことで。

集まった若者は4人。

一気に賑やかなツアーになりました。

 

私も入れて5人ともなると、なかなか一台のタクシーで移動するのも難しく・・

とりあえず、フェリーの港近くまでバスで移動することに。

乗り込んだバスは当然満員で・・

でも、年寄りを大事にしてくれる国。

こちらへどうぞとのことで、席を作ってくれました。

 

 

そして、満員バスは一人13ベソで、フェリー乗り場近くのバス停まで。

ただ、着いてみると、そのバス停からフェリー乗り場までの足がありません。

歩くと、15分ほどかかるとか。

 

そこで、いろいろとその近くに屯する車と交渉。

結構相手は強気で、値段を釣り上げてきます。

結局、5人で200ペソと。

ただし、一台のトライシクル で移動です。

 

 

こんな狭い車内に5人も乗れるかと思いきや・・

すでに乗っていた一人を合わせ6人。

意外に乗れるもので・・

ただ、めちゃ窮屈。

一人は体が外にはみ出ます。

 

 

そして、到着したフェリー乗り場。

後一歩ということろで乗り逃し・・

しばらく待つことに。

 

 

ネットでは15分おきとのことでしたが・・

なんのなんの・・

次の船が出航したのは30分後ぐらい・・

満員になるまで待っていたような・・

 

 

それでも、出港後は綺麗な海。

セブ島の海はそれほど期待しててませんでしたが、素晴らしい透明度。

テンション上がります。

 

そして、着いた離小島、オランゴ島。

一気に世界が変わります。

ここは昭和を乗り越え、大正、明治の世界。

いや江戸時代かも。

そんな時間が流れてます。

 

 

そんな小さな島の交通機関もトライシクル 。

これまた5人で乗り込みます。

 

まず、行ったところはバードサンクチュアリー。

知る人ぞ知る渡鳥のメッカです。

わざわざここだけのために来る外国人もいるくらいで・・

ただ、残念ながら季節が悪かったのか、それほど鳥さんには出会えず、あっさり終了。

しかし、周りが全て自然の囲まれた環境。

寿命が伸びる感じです。

 

 

そして、次に向かった先は、ホワイトサンドビーチ。

トライシクル の運転手のお勧めの場所です。

ただ、行く場所があまりにもローカル。

島自体がローカルなのに、さらにローカルとなると・・

道はそれなりに・・

 

しかし、着いてみると、素晴らしい景色。

たっぷり写真撮影楽しませてもらいました。

 

 

一緒に行った若者たちも海の中で戯れたり・・

若者たちには、ハードな英会話学習のひとときの息抜きになったかと。

私の場合、日々そのものが息抜きですが・・

 

 

若者たちと行く離島ツアー。

昔、若い頃旅した時が思い出され・・

気持ちも一気に若返りました。

 

さて、この流れは夜の部へと・・

若者たちとのツアーは続きます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
年寄りに付き合ってもらって感謝です


  にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ  に参加しています