どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

カミさんの幸せって何だったんだろう

どこかに行きたいなぁ



今朝、ふと思ったこと。

カミさんは私と暮らしていて、何が楽しかったんだろうと。

今頃になってわかってきたような気がする。

それは、私の世話をするのが好きだったんだと。

 

朝のご飯から始まり、着る服まで・・

いろいろカミさんが決めていた。

今日、何が食べたいかと聞かれることはあったが、ほとんどはカミさんが作るもの。

それを私が美味しい・・美味しいと言って食べる。

これがカミさんの幸せだったのではと。

 

入院中も毎日病院に通ってくれた。

私の喜ぶ顔が嬉しかったのではと。

カミさんは何か自分にしてもらえるより、何かを人にするのが好きだったのではと。

だから、よく人を家に招いて自分の料理を振る舞う。

大変なんだからと言いながらも楽しそうな姿。

 

人に贈り物もよくした。

みかんの季節になれば、必ず友達に送っていた。

まめに美味しいところも調べていた。

愛媛生まれの私より美味しいみかんの産地を知っていた。

 

ミシンを買えば、何を作るかと思えば、人にあげるいろいろな小物作り。

自分の服や着物を材料に、財布やバックを作り、こまめに送っていた。

そのため、よく郵便局に連れて行かされたものである。

 

f:id:fabifuten:20210814075749j:plain

 

寝込んでからは、私に料理を作ってあげれないと、よくボヤいていた。

そんなに気にしなくてもと思っていたが、カミさんにとってはとても辛いことだったようだ。

 

私もカミさんが寝込んでから、カミさんの世話が生きがいだった。

入院先の病院は片道一時間くらいかかるところだったが、毎日、洗濯物など届けていた。

コロナのため、ナースセンターのところで追い返されていたが、それでも毎日通うのが楽しかった。

 

あまり食べれなくなってからも、スーパーに行けば何が食べれるのか探すのが日課だった。

私の作ったものを少しでも食べてくれると、それだけで嬉しかった。

 

人は、愛する人に何かにできることが幸せなのではと。

相手からされることではなく、してあげること。

これが幸せの基本だと。

今更ながら感じるお盆の朝である。

 

旅行に連れて行っても、カミさんの喜ぶ顔を見るが一番楽しかった。

カミさんはモロッコが一番気に入ってたようだ。


  にほんブログ村 シニア日記ブログへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ  に参加しています